カブトムシ

  • 2018.11.08 Thursday
  • 22:52

1924年の3月だった。6月ではなかったが、6月みたいな一日だった。……

この日は330日、そして日曜だった。かつて『母を訪う日曜』とよばれた、

一年に一度の日曜だった」。

 もっともヒロインのジェーンに帰るべき母はない。主人に暇を言い渡された

召使の彼女は自転車で近くの大邸宅へと出向き、御曹司と寸刻のふたりきり、

逢瀬のときを過ごす。やがてことが終わると、彼は二週間後に式を控えた

フィアンセのもとへと自動車で走り去っていく。

 昼下がりの屋敷に残された彼女は全裸のまま、部屋という部屋を歩いて回る。

「住む人のいなくなった小さな外国みたい、嘆願したにもかかわらず見捨てられた

所有物の集積みたい」な応接間、「静粛を旨とする男性の聖域」としての図書室、

「ポール坊ちゃまがその気になれば家の中のどこへなり持って上がれるように

軽食全体が整えられ」た調理場……。

 そして電話のベルが鳴る。

 メイドがメイドンを喪失する、そのこと以上にこの音色が「マザリング・サンデー」を

忘れ得ぬ日へと変える知らせの調べであることなど、まさか彼女の知る由もない。

 

「のちに彼女は……その事務的な言いつけのほとんど一言一句を反芻することになる。

ことばが薄気味悪いほど深く心に刻まれることになる。けれども、まさにそれだからこそ、

すべて自分ででっち上げたような、50年も経って自分がこんなにはっきりと覚えている

こと全部を、あの人が言ったはずがないというような気のすることもあった」。

 追憶とは、ダビングの効かない上書き作業に他ならない。

「事実と虚構は常に混じり合い、入れ替わる」。

 ディテールをいかに細かく刻もうとも、記憶は常に反復を信じる己を裏切りすり抜ける。

 

 そしてこの語りは、可塑性に加えて、記憶に関するもうひとつの作用を明かす。すなわち、

主体としての過去の自身の振る舞いが現在において客体化される。

 シェリンガム家を侵犯するジェーンは、しばしばその家政婦エセルを意識せずには

いられない。「マザリング・サンデー」で留守にしている同業者はそこにはいない、

ただしジェーンが至るところに残した痕跡にやがて気づく、たとえそれが彼女のそれと

知ることはなくとも。

 そのことに思いをめぐらすジェーンは束の間エセルと「混じり合い、入れ替わる」。

「なぜあのとき……自分が誰か別の人になったような気がしたのだろう。……この物語の

登場人物たちがすっかりごた混ぜになってしまったような」。

 

 失われた時を求め――ず。

Imagine

  • 2018.11.08 Thursday
  • 22:47

「民衆の先頭に立ち、演説会を開けば毎回何万もの人を集めた男。/その名は、

瀬長亀次郎。/……2代前〔出版時、引用者注〕の県知事・稲嶺恵一は、

亀次郎とは政治的立場を異にしながらも『抵抗の戦士のイメージ』とその功績を

讃える。/ぶれない姿勢に感銘を受け、亀次郎の活動を支えた仲松庸全は、

/『命を捨てているから何も怖くはない』/と、その生き様を振り返った。/……

亀次郎の次女・内村千尋は、父の姿をこう見ている。/『沖縄の人を統一させる、

団結させることに専念を注いでいた人でした』/立ち向かったのは、戦後沖縄を

占領した米軍の圧政だ。/祖国復帰へ向けて、民衆をリードした瀬長亀次郎――。

/それは米軍が最も恐れた男だった」。

 

 あえて最初に本書の難点に触れておく。

 めくるたび明かされる「不屈」のエピソードの数々が聖人伝に過ぎるのだ。

 本書を読めば多くの者がおそらくはただちにネルソン・マンデラとの共通性に

思いを馳せるだろう。ただし、この南アフリカの巨星が放つ魅力は、少なからず

単に聖人君主の域に落ち着くことを知らないクセモノ感に由来する。

 内に闇を孕めばこそなおいっそう光は映える、奇しくもそれは獄中の亀次郎が

読んだジャン・ヴァルジャンのように。

「アトムは完全ではないぜ。なぜならわるい心をもたねえからな」。

 

 報道記者の著作物として、ここまでの肩入れを示すというのはいかがなものか、と

首を傾げてしまう。だが同時に、かくなる傾倒へと巻き込まれていく筆者の心情も

理解できないことはない。折々に引用される演説や議会における亀次郎のことばに

それに値するだけの説得力を見出さずにはいられないのだ。

 ジキルとハイドよろしく、ポツダム宣言はふたりの落とし子を沖縄の地に送る。

 無論ひとりは亀次郎。彼の率いた人民党の綱領に例えば以下の表現が見られる。

「ポツダム宣言の趣旨に則り、あらゆる封建的保守反動と闘い、政治、経済、社会

並に文化の各分野に於て民主主義を確立し、自主沖縄の再建を期す」。民主主義、

法の支配、国家的自立――彼を覚醒させたのはポツダム宣言だった。

 そして相対するものとしての米軍、何もかもやりたい放題だった。6歳の少女を

米兵がレイプの上、惨殺しようとも、身柄は軍へと引き渡されたきり、「どう罪を

償ったかもわからない」。「暗黒裁判」で亀次郎を刑務所へと送り込むことさえも

厭わず、刑期の終了後、那覇市長選挙に打って出れば、上空からデマゴーグの

中傷ビラをまき散らす。当選を決めるや否や、米軍が株を牛耳る銀行に市への

融資や口座の凍結を実行させる。水道の供給も遮断する。果ては高等弁務官の

職権による法改正、不信任決議要件の緩和や前科者の被選挙権剥奪に踏み切る。

 

 無法者に法をもって対峙する。ポツダム宣言によってこじ開けられたパンドラの箱は

災厄の限りをばらまいて、ただし最後に希望を残した。

 例の預金封鎖には後日譚がある。決定から間もなく、市役所に長蛇の列ができた。

「いじめればいじめるほど、瀬長市政を守れと、市民は団結する。自然に自発的に

納税に来る。各支所でも行列ができた。アメリカという専制支配者に対する抵抗の

姿ですよ。全国的にも市民が納税運動を起こすなんて聞いたことがない」。

 かくして納税率は驚異の97パーセント、自己財源で都市開発予算を可決させた。

 ひとりの「英雄」はただし、触媒に過ぎない、だからこそ本書は荒唐無稽を極めた

神話化の堕落を紙一重免れる。

 民主主義とはすなわち、各人を奇跡の当事者へと変えるその権能を指す。

 

「この瀬長ひとりが叫んだならば、50メートル先まで聞こえます。

 ここに集まった人々が声をそろえて叫んだならば、

 全那覇市民にまで聞こえます。

 沖縄70万人民が声をそろえて叫んだならば、

 太平洋の荒波を越えてワシントン政府を動かすことができます」。

ポロメリア

  • 2018.11.06 Tuesday
  • 22:28

「遊廓の日常を描きだすといっても、ここで行なうのはノスタルジックな遊廓文化の

回想ではない。……かの女たちがおかれていたのはほぼ絶望的ともいえる過酷な

状況であった。そのような日常にあっても状況の改善に希望を見出し、ストライキや

集団逃走という手段で生き抜こうとした女性たちの歴史に光をあてることが本書の

第一のテーマである。

 第二のテーマは遊廓のなかの女性たちの行動を中心にして公娼制度の問題を

とらえかえすことである。……蚊帳の外におかれていた女性たちが、はじめて歴史の

なかで公娼制度や遊廓における搾取に団結して抗議を始めたのが1920年代の

ことであり、ここではそういった女性たちの行動を、それを後押しした社会的な議論と

あわせて提示したい」。

 

 序文で早々にこのテーマの困難を明かす、つまり、「当事者による手記などがほとんど

残っていない以上、史料批判に耐え得る史料を使って史実を確定していくという通常の

実証史学の方法で遊廓のなかの女性たちの歴史を叙述することはまず不可能である」。

聞き取り調査というのも、とうに時効を迎えている。

 そこで筆者が主として頼るのが新聞記事、ところがこの策が苦肉どころか、研究に思わぬ

僥倖をもたらす。本書の描き出す光景は、まさにマス・コミュニケーションがなぜにかつて

そう呼ばれ得たのか、その所以を映してみせる。

 元娼婦による回想録、森光子『光明に芽ぐむ日』の一節が引用される。曰く、「自分の

今の慰めの一つは、自分と同じ運命の人達の、今迄辿って来た道を聞く事である。聞いて、

その人に同情し、又その人に憐れまれると云う事は、今の自分にとって、唯一の慰めに

なるように思われる。同病相憐むといったのはほんとうのことだ」。

「同情」が波紋となって伝播する。遊廓の同僚が身を寄せ合って相憐れむ。隔絶されて

いるはずの遊廓と遊廓を新聞が繋ぐ。自主廃業を求めての脱走を報じる記事の切り抜きが

回し読みされることで得られた「慰め」が、後にストライキとして決壊を招く。

 それは例えば貧困問題のように、人はしばしば娼婦に「籠の鳥」を見てしまう、つまり、

自ら立ち上がる術など知らない、支援されるべき無力な対象としての彼女たちの姿を。

 しかし、本書は「遊廓のなか」に焦点を当てることで見事その固定観念を払い落とす。

 廃娼運動家や当時の思想潮流がこの動向に何の影響も持たなかったとは無論言えない。

しかし本書による限り、彼女たちは「救済者」によるメディア型トップ・ダウンに導かれ、

多少なりとも改善された待遇の恩恵を授かったわけではない。コミュニケーションの

密やかなボトム・アップの輪が彼女たちを鼓舞し、能動的にアクトへと駆り立てた。

 新聞が字義通りマスのコミュニケーションを媒介した時代がそこにあった。

 

 マウントか、虎の威を借る狐になるか、声がでかけりゃ、それでいい。

 文春砲よろしく、今やニュースは感情の沸騰を束の間誘い、そしてその場で捨てられる

ためだけに存在する。コミュニケーションではなく分断の誘発装置としてのマスゴミ。

熟慮のためのプラットフォームなど、まさか望むべくもない。

 ひたすら惨め、やがて悲しき。そんな時代から「遊廓のストライキ」を逆照射するとき、

1世紀前の#Me Tooがユートピアとさえ見えてくる。

超積極的

  • 2018.11.06 Tuesday
  • 22:22

「何百万年にもわたって、私たち人類の祖先は、さまざまなタイプの危険な動物と

遭遇してきた。大きくて屈強な相手、小さくても命取りになる相手、極小でもひどい

苦痛を与えてくる相手。そういった危険な動物との接触を重ねるうちに、私たちの

遺伝子には、危害を加えるおそれのある動物に対する先天的な恐怖心がしっかりと

刻みつけられていった。その遺伝子は、今日の私たちに引き継がれている。

 本書を通じて、自然界の愛おしさ、あらゆる生物に宿っている美しさを感じて

いただければと思う。どんな動物も、語らずにはおけない興味深い物語を内に

秘めている。そしてどの物語も、私たちが耳を傾けるのを待っている。幸いにも、

私はこれまで、地球上でもっとも美しく魅力にあふれた昆虫たち――刺針をもつ

昆虫たち――とさまざまな冒険を重ねてきた。刺針昆虫たちの生活様式の多様さや、

日々生き延びるための戦略の巧みさには、ただもう驚くばかりである」。

 

 この筆者、虫に刺された際の痛みを表すスケール「シュミット指数」の提唱者として

知られる。そしてこの研究をもって栄えあるイグ・ノーベル賞にも輝いている。

 何せ「痛みを正確に数値化できるような生理学や薬理学の手法は存在しなかった。

今日でもまだ、神経や脳の内部に電極を挿入して痛みの電気信号を記録し、それを

正確に読み取れるような方法は実現していない」。そこで筆者は考えた。自分で実際に

刺された痛みに等級を割り振っていけばいい。幸いにもと呼ぶべきか、このジャンルには、

各々の体験を持ち寄ってスコアをすり合わせようとする同好の士が少なからずいる。

 とはいえ、まさか彼らは研究資金つきのマゾヒズム耽溺を目的とするものではない。

「痛み評価スケールを作成すると、昆虫の生活の裏側にまで踏み込んで、その武器が

生存のチャンス拡大にどう関わったかを推測できるようになった。双方向からの予測が

可能だった。つまり、ある昆虫の外観や行動や生活史から、指されたときの痛みを

予測することができたし、逆に、刺されたときの痛みから、その生活様式を推測する

ことができた。たとえば、色鮮やかな単独性のハチは、地味な色のハチよりも強力な

パンチを繰り出してくることが予測された。なぜならば、派手な体色を進化させた

ことによって、『目立たなくする』という、大多数の昆虫が用いている防御法は

もはや使えなくなったからである」。

 

 本書の概要は、刺針持ちの昆虫をめぐる進化論のガイダンス。痛みや毒性を中心に、

彼らなりの生存戦略を解き明かす。

 冷静に読めば、相当硬い話をしている。小学生に薦めるのはいかにもつらそうだ。

 なのにやはりテキストがユーモラスに仕上がっているのは、刺されてみる、という正直

バカっぽさの否めない実験に自ら身を捧げる、リアクション芸人にも似た時に崇高とさえ

呼ぶべき何かが籠められているからに違いない。

 昆虫毒の中でも最強クラスというシュウカクアリについて、「二種類のホスホリパーゼ

A1B)が、細胞膜の主要な構成成分であるリン脂質を分解してしまう。すると細胞膜が

破壊されると同時に、リン脂質の分解生成物の一つ、リゾレシチンが痛みを引き起こす。

……さらに被害を大きくしているのがヒアルロニダーゼである。ちょうど肉叩きのような

働きをする酵素で、皮膚の結合組織をやわらかくして、他の毒液成分の浸透を促すのだ。

エステラーゼや酸性ホスファターゼなども皮膚や生体内の分子を分解して他の毒液成分の

浸透を促すのだ。……もう一つ、気になる酵素がある。脂質を分解するリパーゼだ。……

おそらくエステラーゼとともに作用して、イラクサに刺されたときのようなチクチク感や

ヒリヒリ感をもたらすのではないかと私は考えている」。

 こんなアナライズを繰り出してくる人間が、同じテキストの中で、「一目惚れならぬ、

一目刺しである!」と自ら味わったその興奮を熱弁してみせる。「刺されてしばらくは、

大したことはなく……ところが、その感覚がほどなく、肉をえぐられるような鋭い痛みに

変わるのである。鉛を詰めたブラックジャック(円筒形の革袋に砂などを詰めた棍棒)で

ズシンと殴打されたように感じることもあれば、魔術師が皮膚の奥深くまで手を伸ばして、

筋肉や腱や神経を引き裂いているように感じることもある。しかも、一度引きちぎられて

おしまいではない。引きちぎられては、少し和らぎ、そしてまた引きちぎられ、という

具合に波状攻撃が繰り返される。この拷問が数時間にわたって延々と続くのだ」。

 ……どうかしてる。

You can't handle the truth!

  • 2018.10.31 Wednesday
  • 22:48

 グアンタナモの米軍基地内で死亡事案が発生した。上下関係の規律を乱すものには

身を以て制裁を加える、そんな「コード・レッド」の起こした不幸なこの事件をめぐって

開かれた軍法裁判は、ジャック・ニコルソン扮する大佐の関与をめぐって争われた。

 直接の命令を示す証拠は結局のところなかった。ところが男は自白する。前線を預かる

者としての誇り、国防を担うものとしての誇りが、証言台での自白を促さずにはいなかった。

自らの管轄下において行われたすべてのオペレーションを掌握していないということなど、

たとえ裁きの報いを受けようとも、司令官には決して認められることではなかった。

 このいけすかない男もまた、「グッドマン」であったことを知らされる、苦い後味を残して

映画『ア・フュー・グッドメン』は幕を引く。

 

2017728日……稲田朋美防衛大臣は、安倍首相に辞表を提出したことを

明らかにした。/この日、防衛省の不祥事を調査する防衛監査本部は、南スーダン国連

平和維持活動(PKO)の日報隠蔽疑惑について、防衛省・自衛隊の幹部らが組織ぐるみで

隠蔽に関与していたとする監査結果を公表した。監査本部は、陸上自衛隊幹部らが本来

開示すべき南スーダンPKOの日報を意図的に開示対象から外したり、実際には存在するのに

『廃棄した』と偽って開示しなかったとして、これらの行為を情報公開法の開示義務違反

および自衛隊法の職務遂行義務違反と断罪した。……本書は私[布施]と三浦記者という

同年代のジャーナリスト二人が、日本とアフリカそれぞれの地で、自衛隊が派遣されていた

南スーダンで一体何が起きていたのか、そして、そこで起きた出来事がいかに日本政府に

よって隠蔽され、ねじ曲げられて日本国民に伝えられていたのかを全力で解き明かそうとした

『連帯』の記録である」。

 

 そもそも南スーダンへの派遣はPKOの要請によるもの、その国連が“armed conflict”との

表現をもって現地の状況を伝えていたにもかかわらず、日本政府は一貫して「戦闘ではなく

衝突」との見解を示した。それに従えば、「政府軍と戦っているマシャール派が系統だった

組織性を有しているとはいえず、支配を確立するに至った領域があるともいえない」、

マシャール派が「国に準ずる組織」でない以上、「戦闘」の定義を満たすことができず、

然らば南スーダンへの派遣はPKO五原則にも憲法にも抵触しない。

「アメリカや国連にとっては、南スーダン政府はもはや『国造り支援』の対象ではなく、

その暴力を一刻も早く止めなければならない『紛争当事者』なのだ。そんな中、日本だけが

『南スーダンでは武力紛争は発生していない』と言い、南スーダン政府に対する『国造り

支援』を続けていた」。

 

 南スーダンを訪れた記者は、とある建物へと向かう。通称トルコ・ビル。20167月、

この建物をマシャール派が占拠したことで、2日間にわたり激しい銃撃戦が交わされた。

外壁や内部にはロケット砲や小銃の痕跡が生々しく残る。

 そのビルは、首都ジュバの国際空港を間近に監視できる戦略上の拠点だった。

 同行した政府の副報道官は記者に告げた。

「国連部隊が我々に向かって対戦車誘導弾を撃ち込んできた」。

 この場所で南スーダン政府軍とPKO部隊が交戦し、中国人兵士が死亡した、という。

 ビルからは空港の他に、まるで「校舎の屋上から目の前の校庭を見下ろすよう」に、

もうひとつあるものを一望することができた。

 自衛隊宿営地だった。

 

 本当に「戦闘ではなく衝突」だったのか。

 真相を示唆する内部文書が後に布施氏の請求に従って公開された。

「事案後の面談において多くの隊員が口にした事項については、睡眠への不安が最も多く、

入眠障害・中途覚醒の症状が多くあった。次に多かった事案が、音への恐怖心であ」った。

 またこの報告はPTSDへのケアについても併せて言及している。

「隊員は平常心を装いながらも常に緊張状態が継続し、蓄積した心疲労の回復には

時間が必要であり、また、事案時のフラッシュバックは何時起こるか分からず、(中略)

帰国後の回復が順調に行なわれなければ、メンタル不調者(抑うつ傾向から自殺)の

発生も予測される事から、原隊復帰後も継続した心情把握および心のケアが必要である」。

 

『ア・フュー・グッドメン』などフィクションに過ぎない。

 真実は、悪い奴ほどよく眠る。

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM