いじめ、カッコ悪い。

  • 2017.07.14 Friday
  • 22:02
評価:
奥田英朗
朝日新聞出版
¥ 907
(2016-01-07)

  赤信号 みんなで渡れば 怖くない

 

 予防法は二つだけ。一つ、「信号」をなくすこと。一つ、「みんな」をなくすこと。

 

「農協と寺、そして保守政治」、そんな山間の地方都市の中学校で生徒が亡くなる。

銀杏の木の下で、転落死だった。そして、死体の背中には21もの内出血の痕が

残っていた。つねられてできたものだった。

 事件はまもなく急展開を迎える。

 死亡した生徒の同級生4人が警察に身柄を確保される。中学2年生、14歳という

少年法の壁、2人は逮捕、2人は児童相談所へ送られる。容疑は傷害だった。

 

 取材にあたる新聞記者が言う。

「ああこれはいじめられる顔だと誰もが思っただろう。……金持ちの家の子で、痩せて

チビで、おとなしそうで」。

 生徒の人物造形がこんな簡潔な表現で難なく読者へと伝達できてしまう。

 それはつまり、いじめの発生構造が世間に広くシェアされている無二の証。

 共犯性とはそもそもがこの事態こそを指す。

 

 1件の重大事故の背後には29の小事故があり、さらにその背後に300のヒヤリハットが

横たわる、ハインリッヒの法則を想起させる。

 種々の出来事の積み重ねや共同体論理、同調圧力がやがて少年の死として結実する、

そんなスパイラルに翻弄される人々の姿を描き出す点においてはよくできている、と

評するべきなのだろう。

 

 ただし、全体を見れば、現実を乖離した作り物との印象は拭えない。

 まずは報道のあり方、いじめられていた少年が自殺もしくは他殺を疑わせる仕方で

死亡し、まもなく逮捕者が出たとなれば、この祭りをテレビが放っておくはずもない。

当事者宅や学校周辺に記者が張りついて生活に支障を来すだろうに、そんな模様が

描き出されることはない。群像劇の当事者からテレビやフリーランスは排除される。

 当然ネットの世界も祭りで沸き返るだろうに、「匿名の誹謗中傷など知りたくない」の

一言で等閑視される。別にネット批判を主題化して定型文を連ねよ、とも思わないが、

筆者の箱庭世界では、通販や出前の嫌がらせを被ることもなければ、いたずら電話に

悩まされることもないようだ。これだって、いじめのひとつのかたちなのに。

 街の大事件で息子が逮捕されているのに、父は会社に向かい、妹は小学校に通う。

懐疑の目で村八分に遭うでもなく、彼らは平常通りの暮らしを営む。推定有罪、連帯責任を

国是とする日本でこの描写にリアリティを感じられる方がどうかしている。

 さらに驚くべきことに、別件逮捕の後、釈放された4人はごく通常の生活に戻る。

学校はもちろん、家庭においてすら腫れ物に触るような扱いを受けるでもなければ、

わが子への猜疑に身内が葛藤することもない。

 テニス部所属の死亡生徒が身につけていた練習着は「高級ブランド」、固有名詞を

与えないことに何の理由があるのだろうか。いじめの主犯格と目される少年が貧しい

母子家庭という設定から来るコントラストを強調できる絶好の道具立てだというのに。

 コンビニやショッピングモール、マイルドヤンキーといった現代のロードサイドの風景を

アイテムとして上手に織り込めていない点にも強く疑問が残る。

 

 そして最大の非現実は、筆者が提示する一連の人間観察にこそある。

「中学2年生は未完成な人間なのだ」。

 思春期特有の面倒くささは否定しない、ただし、おとなに「完成」があるかのような

反実仮想の果てしなさにはただただ目を覆う他ない。

 忖度と前例踏襲に明け暮れるその姿、おとなと子どもを隔てるものがどこにある?

「理屈で感情を律するというのが苦手なの」。主語はあえて伏せてみる。

 なぜ犯罪が世界からなくならないか――人間というコンテンツの行動類型一覧表に

例えば「殺人」や「窃盗」がエントリーされている以上、その不経済コードの発動は

決して排除できない。そしてもちろん「いじめ」も同じく。

 そしてあいにく、「自覚」や「自律」といったコマンドはプログラミングのバグなのか、

そもそもインストールされていないのか、有史以来上手に起動したためしを持たない。

「中学生は残酷だ。……自立への過程で噴き出る膿のようなものだ」。

 現代の苦痛とはつまり、「自立」というフィクションがフィクションでしかないことが、

つまりは人間というコンテンツの底の浅さが明るみに晒されてしまったことにある。

 そして皮肉にも、本書はそんな幻の理念を具現する場としての学校を舞台とする。

 成長という神話の終わり、ひいては人間という神話の終わりを直視すること、それこそが

未来の人間に許された唯一の成長なのではなかろうか。

スポンサーサイト

  • 2018.05.29 Tuesday
  • 22:02
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM