ないない尽くし

  • 2017.09.24 Sunday
  • 21:12
評価:
マドレーヌ・ピノー
白水社
¥ 1,296
(2017-08-30)

  人類の獲得した知識を分類しようとする関心は古典古代にまでさかのぼり、中世で

  弱体化した。このように、ダランベールは中世を一種の「停滞期」とし、知的営為と

  しての編集の歴史を『百科全書序論』で規定している。しかし中世をつうじて残された、

  工芸に関する内容をふくむ写本は数知れない。その内容の大半は、アラブ人学者らに

  よって複製された古典古代の知識であった。

 

 と書き出しを引用しては見たが、全編がこのような調子で進む。

 何を明らかにしたいのか、どういった方向に話を持っていきたいのか、ごく基礎的な

目的意識も示さないまま、ただいたずらに描写が進む。編集過程をめぐる群像劇が

活写されるわけでもない。知の系統樹という書物の特性が詳らかに語られるでもない。

無断引用がなされているという事実に触れこそするが、具体的に踏み込むでもない。

 そのわりに、なぜかご丁寧に、もはや素性を知るための手がかりすらも往々にしてほぼ

尽きている執筆者の略号表なんてものは紹介されたりもする。ところが、肝心の本文や

図版への分析に絡めるでもないし、彼らの履歴などに肉薄するでもない。

 筆者の略歴を見ればルーヴル美術館の元学芸員とあり、図版研究を専門としている

らしいのだが、そうした特性も何ら生かされることはない。

 

 裏表紙には「入門書」となってはいるが、これを読んで誰が『百科全書』本体に興味を

持つというのだろうか。

 これほどまでに長所の見えないテキストも珍しい。

スポンサーサイト

  • 2018.09.17 Monday
  • 21:12
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM