スポンサーサイト

  • 2018.05.29 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    文春砲

    • 2017.09.24 Sunday
    • 21:17
    評価:
    吉田 修一
    文藝春秋
    ¥ 1,944
    (2016-03-19)

     2014年のノーベル平和賞受賞者マララ・ユスフザイのことば。

    「一人の子供、一人の教師、一冊の本、そして一本のペンでも、世界は変えられる」。

     

     本書は一見したところ、バラバラな属性の人々の群像劇。

     ある者はビール・メーカーの課長職、ある者は都議会議員の妻、ある者はテレビの

    ドキュメンタリー制作者。家族のあり方もさまざま。

     ただし彼らはみな、それぞれに真実に葛藤し、秘密と関わるという点では共通する。

     ある者は、「不感の湯」に浸かりながら、「人の噂も七十五日」と時の経過をただ祈る。

    ある者は「俺は正しい。なんでそれが分からない」と猛り狂う。ある者の選択する態度は、

    「何も聞いてない」。

     なぜか玄関の前に置かれた酒と米。なぜか買い物かごに迷い込むモモやカニの缶詰。

     やがて彼らの運命が交わる。

     

     彼らは過ぎ行く季節の中で同じニュースを共有し、そして未来を共有する。

     本書の連載媒体は、よりにもよって『週刊文春』。

     その自己言及性の一点で押し切っているような作品。

     作中でとある人物が語る。

    「あの時に変えればよかったと誰でも思う。でも今変えようとはしない」。

     一方でこう叫ぶ者もある。

    「もう誰にも変えられないんだ!」

     ある人物はふと自覚する。

    「羞恥心を持たない声は、どんなことでも言えた」。

     こんな具合に、書き手当人が折々にテーマを言語化してくれる以上、そしてネタバレにも

    なる以上、さして訴えるべき声もない。あるいは臆面もなく、「いつやるの? 今でしょ」とか、

    クソ寒い声で茶を濁すべきなのだろうか。

     そして世界は果てしなく無残にできている。殺すより他に使い道のないサルのカーニバル、

    脊髄反射のネタ消費しかできない社会に、届く声などはじめからない。

    スポンサーサイト

    • 2018.05.29 Tuesday
    • 21:17
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << July 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM