想像の共同体

  • 2017.10.22 Sunday
  • 19:30

「国家や社会や状況の判断によって導き出す理解ではなく、自分の身を賭して

共感する人間性こそは、最強の理解となる。……文学という虚構のシステムこそは

この受け皿と成り得るのだ。文学と戦争は抜き差しならないほどの共犯関係を

結んでいる。しかし、それを打ち破っていく可能性も文学にはあるのだ。……〔本書が

取り上げる〕文学的文章に共通するのは、直線的な戦争批判だけではない点だ。

戦争を否定することによって欲望する平和は、時にはその戦争を生み出す原因へと

変貌を遂げてしまうかもしれない。自らが立つ場所への根本的な疑義、あるいは自ら

自身に内在化された『国民化』への疑惑なくして、恒常的に戦争を再生産するこの

システムには対抗できない。その作品一つ一つに描かれた人間という存在への懐疑を

手がかりに、戦争と文学の関係を想像力をよりどころとして再構築したいというのが、

本書を出す最大の理由である。その文学的想像力こそが、今ある思索の困難を照らし

出していくことになるであろう」。

 

 なるほど、「小説案内」としてはあまりに主観性が強すぎる。そうした批判があったとして、

一定の理があることは認められよう。

 しかし、まさにその事態こそが、「戦争をよむ」意義を何よりも雄弁に証する。

 そもそもライティングの機能とは、「想像」のはたらきに従って、描かれているできごとを

わがこととして引き受けさせることにこそある。いみじくもベネディクト・アンダーソンは、

近代型ナショナリズムを指して「想像の共同体」と名指した。そもそも学校で歴史を学ぶ

理由とて、国家を基礎づける「想像」の共有を涵養することに他ならない。ゆえにこそ、

過去の再生産を促す土台として、「想像」は時に戦争装置にもなれるし、あるいは時に

過去の再生産を拒む土台として、「想像」は異なる未来を選び取る装置にもなれる。

 主観的であることは、他者との共感を排除するものではない。

「戦争をよむ」とはすなわち、自らの「想像」を、自らの身体を動員する行為に他ならない。

 だから筆者は己をむき出す。

 

 ボリス・シリュルニクのテキスト『憎むのでもなく、許すのでもなく』に寄せて語る。

 シリュルニクは1937年のフランスに生まれ、そして母国はまもなくナチスに陥落する。

かくしてポーランド系ユダヤ人の両親の間に生を享けた彼は5歳にして孤児となる。

やがて精神科医となった彼にとって、セラピーの過程は「自らのトラウマを癒していく

選択でもあった。……『ユダヤ人』であることを言ってはならないという体験は、他者との

親密な関係を持つことを阻んでいく。……シリュルニクは、自らが凍らせてしまった言葉を

柔らかに溶かしていくことの必要を主張する。そして憎むのでも、許すのでもなく、

理解することの重要性を。ホロコーストという人間の究極の憎しみの表現に出合った

シリュルニクは、憎しみの本質に対峙する勇気と、その人間が持つ善なるものへの探求が

同時に行われることは、決して不可能ではないことを明らかにしたのだ。人間は過去を

消去できない。だからこそ、その悲しみに満ちた過去と折り合い、解決への道を求めて、

理知の力をもって、前に進んでいかなければならないのだ」。

スポンサーサイト

  • 2017.11.16 Thursday
  • 19:30
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM