山の岩とにかく掘る

  • 2017.12.12 Tuesday
  • 22:54

「ワニの化石じゃないか」

 岩塊からのぞく断面を見て、発見者のアマチュア収集家はそう思った。ラグビー・ボール

ほどのサイズのそのノジュールは、ひとまず地元の博物館に収蔵された。

 とはいっても、他に研究すべきサンプルは数知れず、いつしか8年の時が流れていた。

 その尾骨が未知の恐竜のそれで、ましてや全体標本の存在を示唆するものとなろうとは、

まさか知る由もない。

 

「この本は、北海道むかわ町の山の中で進められた恐竜化石の発掘記です。/ただし、

既刊の類書とはスタイルを少し異とするものをめざしました。/『恐竜化石の発掘』と聞くと、

『みつけた』『掘った』『こんな恐竜だった』という三つに集約される『物語』のようですが、

本書ではこの三つに『どのような人が』というキーワードを加えました。……この本では、

むかわ町の恐竜化石に携わった9人に取材しています。そして、それぞれの視点で

物語を綴りました。9人がどのような経緯で、この恐竜化石に関わるようになったのか。

結果として、人によっては中学生時代にまで遡って、その半生を追いかけています」。

 

「採集」と「発掘」は似て非なるもの、と筆者は言う。

 一般に想像される化石の集め方といえば、地表にハンマーやタガネを当てて、研究者と

いう名のオタクが刷毛などでこつこつと取り出す。インディ・ジョーンズよろしく、風変わりな

英雄伝にでも収斂しそうな類の「採集」だろう。

 しかし、本書における「発掘」は性質を異にする。「一人では決してできない。それなりの

組織と計画をつくり、チームとしての作業を進めることになる」。硬い地層をえぐるべく、

重機や削岩機が投入される。そのためのルート作りに木々の伐採もする。地元自治体への

根回しや協力要請だって欠かせない。

 つまり本書は、恐竜好きの子どもがそのまま大人になったような学者のテリトリーをはるか

抜け出して、『池の水ぜんぶ抜く』系の土建バラエティに至らざるを得ない。

 

 掘り出した岩石に「クリーニング」をかけて化石を取り出す、そんな重責を担う「縁の下の

力持ち」が、その仕事に出会ったのはほんの偶然からだった。高卒のしがない郵便局員が

五十路を迎えあてもなく退職、地元の博物館に普及員の枠を求めてエントリーするも通らず、

ただしクリーニングに空きが出たため飛び込んだ。大学や院で地学や化学の専門教育を

受けたでもない、何もかもが未知の領域。「学芸員……からは、ごく簡単な説明があった。

また、館内にあった資料も読んだ。万全とはいえないまでも、それなりの知識を蓄えたつもり

だった。しかし、やってみると、同じノジュール、同じ化石は一つもない。マニュアルなんて

ない世界であることを知った」。

 それから数年、磨いた経験の集大成として、例の塊が差し出される。

「この時点でノジュールから顔を出していた骨の部分は、風化がひどく、触るだけでも

壊れそうなくらいもろかった。/最優先はその保護だ。/保護剤をスポイトで骨にしみ

こませる。少し時間が経過すると、保護剤は骨の内部まで浸透して、骨が強固になる。

浸透したら、またスポイトで保護剤を垂らす、という作業を半年間繰り返した。/そうして

骨が硬くなったら、エアスクライバーやタガネで掘り出していく。ときにはルーペの下で

作業にのぞみ、かかった時間は約1年間。7個の骨があらわれた。変形もほとんどなく、

綺麗に並び、たがいに関節でつながった。/希に見る美しい標本である」。

 

 泥まみれ、汗まみれの「ダイヤの原石」が、哀愁の土木国家の零細自治体に舞い降りた。

スポンサーサイト

  • 2018.01.12 Friday
  • 22:54
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM