意識の流れ

  • 2018.03.10 Saturday
  • 22:08

「キャサリン・マンスフィールドの短い生涯は、前のめりになって、強い風の中をよろよろと

歩くような、激しく落ち着きのないものだった。ニュージーランドからロンドン、そして

ヨーロッパ大陸各地を渡り歩き、一つの場所に長く滞まることができず、常に新天地を

求めて、何度も引っ越しを繰り返し、人生の半分を見知らぬ土地のホテルで過ごした。

……マンスフィールドの風のような生き方とその作品は、まさに新しい時代を予告する

『トランペット』だった。彼女が生きた19世紀末から20世紀初頭は、ヴィクトリア朝の堅固な

価値観が崩壊し、自由でモダンな時代へと転換する変革の時代だった。特に女性の意識や

生き方は大きく変わった。マンスフィールドは古い常識や慣習を無視して、『新しい女』として

自由に生き、今まで誰も表現しなかった新しい文学の創造をめざした。……マンスフィールドの

人生と文学は、百年以上の年月が流れ、21世紀の現代になっても少しも古臭くならず、まるで

『同時代人』であるかのように、私たちに語りかけてくる。マンスフィールドはたぶん、百年早く

生まれた現代人だったのだろう。風のように時代を駆け抜けて行ったマンスフィールドの

勇気ある冒険の足跡を辿りながら、彼女が語りかける声に耳を傾けてみよう」。

 

 本書の骨組みは、K. マンスフィールドの生涯を追った伝記。

 ニュージーランドの名士の家に生まれ、やがて留学のため、大英帝国に渡る。さまざまな

男に出会い、愛し愛されるも、性を奔放に謳歌した代償か、梅毒の後遺症で身体を痛め、

わずか34歳にして命を落とす。

 新国版平塚らいてう、とても呼ぶべきか、ただし本書が一介の伝記に終わらないのは

彼女の作風による。つまり、自身の体験をひたすら小説のモチーフに用い続けたために、

期せずしてその辿り直しが文学案内としての色彩を帯びずにはいない。

 

 ところで、本書における重大な疑義は、マンスフィールドが途方もない資質をもった

大作家であるかのごとき前提のもとで書き進められていく点にある。

「プレリュード」について、「明確なプロットをもたず、印象的な場面が意識の流れの手法を

駆使しながら、ゆるやかに展開する」ことをもって、「表現方法においても、それまでの

女性作家には見られない、全く新しい文学、女性モダニスト文学の誕生」と筆者は絶賛を

送るのだが、このアプローチが技巧面においてさして斬新なものとも思えない。この手の

話はしばしばJ. ジョイス――本書にも顔を覗かせる――に絡めて論じられるが、印象派の

絵画をテキスト化したようなこの作法は皆が言うほど20世紀固有の産物なのだろうか。

「マンスフィールドの死後、〔ヴァージニア・〕ウルフが出版した代表的な長編小説のほぼ

すべてに、マンスフィールドの影を見つけ出すことができる」。

 なるほど、筋立て等の類似性についての論証は認めるとしよう。そして筆者はさらに、

先に発表されたマンスフィールドの短編「入り江にて」とウルフの代表作『波』の書き出しが、

果てしなく重複することを指摘するに至るのだが、そのことが皮肉にも、そして残酷にも、

両者の文体的なスキルの違いを告発しているようにしか私には見えない。

 以下にあえてどちらの作品とも明記せずに重引してみる。

 

  Very early morining. The sun was not yet risen, and the whole of Crescent Bay was

  hidden under a white sea-mist...; there were no white dunes covered with reddish grass

  beyond them; there was nothing to mark which was beach and where was the sea.

 

  The sun had not yet risen. The sea was indistinguishable from the sky, except that the sea

  was slight creased as if a cloth had wrinkles in it. Gradually as the sky whitened a dark

  line lay on the horizon dividing the sea from the sky...

 

 読み終えてみれば、過剰な表題にすべてが詰め込まれていたようで。

スポンサーサイト

  • 2019.08.18 Sunday
  • 22:08
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック