道徳感情論

  • 2018.03.22 Thursday
  • 23:36

「もちろん共感には利点がある。美術、小説、スポーツを観賞する際には、共感は大いなる

悦楽の源泉になる。親密な人間関係においても重要な役割を果たし得る。また、ときには

善き行ないをするよう私たちを導くこともある。しかし概して言えば、共感は道徳的指針と

しては不適切である。愚かな判断を招き、無関心や残虐な行為を動機づけることも多い。

非合理で不公正な政策を招いたり、医師と患者の関係などの重要な人間関係を蝕んだり、

友人、親、夫、妻として正しく振舞えなくしたりすることもある。私は共感に反対する。

本書の目的の一つは、読者にも共感に反対するように説得することだ。……私は、日常生活に

おいて意識的で合理的な思考力を行使することの価値を強調したい。心より頭を使うよう

努力すべきだと言いたいのだ。もちろん現在でも、私たちはたいがい頭を使ってものごとを

考えているわけだが、もっと努力が必要である」。

 

 哲学史を彩る議論の一つに、主意主義か、主知主義か、なるテーマがある。

 そして本書は残念ながら、深くなじんだその枠組みをただ無闇にかき乱すばかりで、

かといって新しい何かを付与するものでもない。

 Against Empathy: The Case for Rational Compassionなる原題が典型的にその混乱を示す。

ここでの用語法に従えば「共感empathy」と「思いやりcompassion」は決定的に違う。

筆者が引用する他の研究者の定義によれば、「共感とは対照的に、思いやりは他者の

苦しみの共有を意味しない。そうではなく、それは他者に対する温かさ、配慮、気遣い、

そして他者の福祉を向上させようとする強い動機によって特徴づけられる。思いやりは

他者に向けられた感情であり、他者とともに感じることではない」。

 そもそもこの区分に従って「共感」なる語を用いている人間がどれほどいるのだろう。

 救急医療の現場において、患者の苦しみに過剰な同調を示すあまり取り乱してしまう、

言い換えれば「共感」に富んだ医師と、痛みや症状を把握した上で、それを除去すべく

冷静な判断を下す「思いやり」の医師とでは、さてどちらに身を委ねたいと思うだろう。

 こう問われれば、間違いなく大多数は後者を選ぶ、ただし社会的な意思決定においては

驚くほど多くのケースにおいて前者が称揚される。そして同時に、幸か不幸か、大多数は

「共感」と「思いやり」に明確な使い分けを求めず、さらには、自らが実践においていずれを

選択しているのかさえ把握できない、それはまさしく理性の欠如によって。

 一時の感情に振り回されることなく理性的に振る舞え、との指摘に私は全面的に同意する。

さりとて、筆者が本書においてきちんと理性的な議論を提示できているようには思えない。

結果、本書がやっていることといえば、恣意的に設定した言葉遊びの土俵の上で一人相撲を

取っているだけ。

 

 語の曖昧ゆえの不毛な混乱は、公共政策論において極まる。

 世界中いずこでもおなじみの「保守」、「リベラル」なる無秩序なタームを持ち出して、

その対立軸に理性と共感を組み込もうと荒唐無稽な徒手空拳を繰り出した挙げ句の結論が、

「ここまで保守主義者がリベラルと同程度に共感に依拠していることを見てきた。のみならず、

リベラルの哲学に結びついた視点には、共感とはまったく無縁なものもある」。

 そもそも筆者がこの判断にあたって人口に膾炙したものとする「リベラルは保守主義者よりも

共感力が高い」なる言明とて、ここにおける「共感」なる語の定義が筆者と同様であるのかさえ

定かではないし、この前提を是とすべき論拠が提示されることもない。

 筆者はこの一連の記述において、いつ自らが奉じる理性の行使を実践したというのだろう。

 

「共感」か、「思いやり」か、いみじくも18世紀のスコットランドにこうした区別を適切に

論じた偉大なるテキストがあった。

 アダム・スミス『道徳感情論』。

 本書において概ねひどく歪曲された仕方で引用されるこの巨人が、「不偏の観察者

impartial spectator」なる視点から「同感sympathy」を説いたことをなぜか筆者は黙殺する、

それこそがまさしく近代的理性の果実としての「思いやり」に他ならないというのに。

 

「公平で道徳的かつ最終的に有益な政策は共感に訴えずに実施するのが最善であ」り、

「私たちは、犠牲者の痛みに共感することを通してではなく、何をすべきかをめぐる合理的

かつ公正な分析に基づいて懲罰を決定すべきである。……善き目標を達成するためには、

焦点を置くべき側面と、置くべきでない側面があると言いたいだけである」。

 この結論それ自体に異議を唱える余地はない。しかし、導出に至るしばしば論理を欠いた

展開に称賛を与えることはできない。理性の重要を説く者が理性を欠く、この自己矛盾の

愚劣はひいては「思いやり」をも汚す。

スポンサーサイト

  • 2019.08.18 Sunday
  • 23:36
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック