スポンサーサイト

  • 2018.05.29 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    他山の石

    • 2018.05.20 Sunday
    • 23:47

    「考古学は、学歴のない在野の研究者でも参加できる唯一といって良い学問」。

     このことばを体現する人物がいた。名を相澤忠洋という。「戦前の青年学校

    (現在の中学校相当)を出ただけの一行商人だった相澤は、仕事を続けながらも

    考古学に没頭。1949年(昭和24)、23歳にして、日本に旧石器時代があったことを

    発見した『岩宿の発見』を成した考古学上、伝説的人物である」。

     そしてその後見人を担ったのが芹沢長介だった。彼は「相澤のように学歴のない

    アマチュアを積極的に登用して称賛し、『芹沢考古学』ともいえる数々の革新的な

    発掘調査を手掛けたため、ついには『旧石器の神様』と呼ばれるに至る」。

     世紀末、その名声が地に堕ちる。「神の手」によるスキャンダルの発覚をもって

    芹沢は一転、「捏造事件の黒幕」として世間や学界の糾弾を浴びる羽目に遭う。

    「私は当初、相澤忠洋の追う中で芹沢長介という考古学者を知り、……アマチュア

    考古学者研究者を登用し、尊重しつづけた芹沢の学者としての魅力に、強く

    惹きつけられた。そんな学者が、学問の世界にいたのかと。私にとって芹沢は、

    まさに理想の学者像であった。

     しかし前期旧石器の前衛を走り続け、『旧石器の神様』と呼ばれた芹沢ほどの

    学者がなぜ、20年間にわたって道化を演じてきた藤村を権威づけ、そして騙され

    つづけたのか。専門家なら一目でわかる藤村の偽石器をなぜ見抜けなかったのか。

    その答えの一つは、芹沢と長く交流のあった藤村新一に訊ねるほかはない」。

     

     例えばネアンデルタール人の発見は、石灰岩の採掘中に出土した化石が高校教師の

    もとへと持ち込まれたところからはじまった。アルタミラの洞窟壁画とて、考古学を

    嗜む弁護士によって見出された。

     性格からしてそもそも「開かれた存在」である考古学界がやがて「石の虚塔」へと

    変質していく、そんな様子を関係者証言をたどりつつ明らかにしていく。数万年前の

    名もなきヒトの痕跡を掘り起こす仕事を汚したのは皮肉にも名を持つことの愚かしさ。

    その説がいかなる論拠に従って何を述べているのか、を吟味する批判精神を失えば、

    真偽を決するのは発言者のネームヴァリュー次第という政治力学だけがそこに残る。

    権威の寵愛を受けた「神の手」の奇跡に一度立ち会った者はそれ以後、妄信的に

    研究史のパラダイム・シフトを追認する他なく、その「詐欺」が暴露されれば一転、

    「関わった遺跡全てが捏造」と掌を返す。過去の「発見」についての検証能力を

    持たなかった学界にまさか「捏造」の検証能力があるはずもなかった。

     極論に踊る多数派を尻目に、追及の急先鋒は意外な証言を残している。

    「藤村の石器には、実は本物も混じっているんだ」。

     

     あまりにしばしば「研究者というのは、自分の仮定や研究にあった結果が出ると、

    疑問なく受け入れてしまう」。信じたいものを信じる、見たくないものは見ない、

    この心性を「石の虚塔」固有のものとすることは到底できない。

     本書は単に「道化師」をめぐるレポートではない。男の出現を必然たらしめた

    土壌をはるか遡って発掘してみせる、そこにこそ一読すべき意義がある。

     騙すヤツはもちろん悪い、ただしこと学問の世界においては騙されるヤツも悪い。

    有力者の確執などという政治性に翻弄されて「目が曇」った輩に対して注ぐべき

    同情の余地などひとつとして存在しない。

     裸の王様に裸だと告げる、そのために理性はある。

     誰がやったのか、ではなく、何をやったのか、どうやったのか。固有名詞や属性を

    ひとまず剥ぎ取り、冷静に所与の状況を観察してみる、そんなことの重要さを知る。

    スポンサーサイト

    • 2018.05.29 Tuesday
    • 23:47
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << August 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM