AIは青いバラの夢を見るか

  • 2018.05.23 Wednesday
  • 00:00

 

 この花の名を「ミスター・ローズ」という。

 2013年春、鈴木省三の生誕100年を祝して捧げられた。

「日本にもバラがあるのですか」、そんな侮辱を乗り越えて、世界の園芸界に

極東の存在を知らしめ、かのニックネームを獲得するに至る。

 

 この花の名を「ピース」という。

 1945年、大戦の終結にあたって、願いを託すべく改めて命名を受けた。

 博覧会の展示依頼を受けて輸入した実物をはじめて見た鈴木は驚愕する。

「大きな花びら、柿の葉のような頑丈な葉、親指ほどある太い茎、まさにバラを

超えたバラ」だった。

 そのバラはサンフランシスコ講和に際して、会場を彩ったバラでもあった。

条約を手がけた吉田茂の宿敵、鳩山一郎と鈴木を結びつけたバラでもあった。

 本来ならば、黄味を強めた「ミスター・ローズ」のような花を咲かせる。

 

 作出者はフランシス・メイヤン、同世代の鈴木が「羨望と尊敬と嫉妬が

ないまぜになった感情」とともに仰ぎ見た育種家だった。

 そしてその息子アランがやはり育種家の祖父アントワーヌに捧げたバラがある。

 この花の名を「パパ・メイアン」という。

 

 シェイクスピアに言わせれば、バラと呼ばれるその花は、たとえその名を

失おうとも、変わらずかぐわしき香りを放つ。

 

「バラの花弁には、シアニジンとペラルゴニジンしかない。青い花にはある

デルフィニジンがない」。

 ブリーディングを重ねようとも、そもそも遺伝子が青の色素を含まない以上、

願いは届くべくもない。それでもなお、交配を通じて叶わぬはずの夢の具現に

励む人々はいる。

 ただし他方で、バイオ・テクノロジーを通じて、その遺伝子を組み込む試みを

目指すものもいる。他にもpHコントロールなど、青の発現のネックになる点は

あるのだが、そうしたことも含めて、ゲノム・サイエンスからの達成を図る。

 最相が原著を上梓したのは2001年のこと、クローン羊のドリーが物議を醸し、

狂牛病が恐怖を喚起した時代。その時点における筆者の関心は、いわばGCAT

4進法による生命科学が人間を包囲する未来、青いバラはその象徴となる。

 そして今『青いバラ』を再読する私は、少し異なる問題軸の時間を生きる。

つまり、01かの二進法によって人間の知能が凌駕される未来がSFを出でて

現実感を帯びる時代。

 

 ワトソンとクリックの発見など知る由もない時代ですら、経験主義によってか、

青いバラには「不可能」のイメージが仮託されていた。

 ドイツのロマン派詩人ノヴァーリス『青いHeinrich von Ofterdingen』。主人公は

夢の中で見た青い花を求めて旅に出る。そして奇しくもその行路は母の郷里へ向かう

道筋でもあった。届いたかに見えた花はその都度彼を遠ざかり、着地点を知らぬまま、

物語はついに未完のまま閉じる。

「青いバラができたとして、さて、それが本当に美しいと思いますか」。

 

 青いバラがある。バラの青という様なものはない。

 この花とて、最相に言わせれば、「青くはない。青を求めてつくったのだといわれれば、

そう感じられる程度の藤色、ラヴェンダー色」でしかないのかもしれない。

 けれども、赤バラの螺旋に吸い寄せられた後、ふとその花に視線を逃がす。

 青いバラがある。果てしなく青い。それがたとえ残像のもたらす錯覚に過ぎずとも。

 背筋がそばだつ。

 この花の名を「ノヴァーリス」という。

スポンサーサイト

  • 2018.10.19 Friday
  • 00:00
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック