襟裳岬

  • 2018.05.29 Tuesday
  • 22:43
評価:
八木澤 高明
スコラマガジン
¥ 1,944
(2015-10-23)

「青線とは非合法な売春地帯のことを言う。……私は日本各地に点在する青線を

2001年から歩きはじめた。経済活動である売春は、景気低迷のあおりを受け、

年を追うごとに青線は寂れていき、青線があると聞き訪ねてみたが、すでに駐車場や

更地となってしまっていて、痕跡のない場所も少なくなかった。この旅は、曖昧模糊と

して、記録に残っていない青線を巡るということもあり、人の情報だけが頼りで

闇の中を行灯なしで歩くようなものだった」。

 

「売春は人類にとって最古の職業」。現代の青線巡礼はその真実味を知らしめる。

 セックス産業の需要が消えるわけでもない、女がいれば営めるのだから参入障壁も

低いといえば低い。にもかかわらず、青線は朽ち落ちた。

 つまり、その街から人が消えたから、その街から金が消えたから。

 この経済原理を露わにした青線地帯が山形は東根にある。神町という。過疎化した

田園地帯には場違いの、堂々たる駅舎を構える。海軍予科練の航空基地の一部を

接収した米軍が、1947年に物流拠点として設けた建物だった。進駐を間近に地域の

警察署長は講演で説いたという。曰く、「何を話しかけられても決して口をきいては

いけない。向こうの人は、愛人以外に笑顔を見せない。下手に笑ったりすると、これは

OKの意思表示だと間違えられてひどいめに遭う」。いざ彼らが村に舞い降りた当日、

「町の中は静まり返り、人々は押し入れの中に隠れ、米兵たちが通り過ぎるのを息を

殺して待った」。そして程なく、パンパンが神町に押し寄せた。

 

「遠洋漁業華やかなりし頃、東京以北最大の歓楽街と言われていた」函館の若松町、

一発屋通りを訪ねる。小料理の看板こそ掲げてはあるが、いわゆるやり手ババアが

売春を斡旋する拠点でしかない。カレンダーに丸印が記されていた。警察の摘発が

入った日を記録したのだと言う。「お客より警察のが多いね」。

 店主の話に耳を傾けつつ、出された缶コーヒーをすする。店内をBGMが包み、

会話が止むと女性歌手の声だけが響く。「華やいだ空気の中でこの歌を聞くと、心が

落ち着いてくる歌だと思うのだが、寒々とした場末の売春街でこの歌を聞いていると、

いたたまれないような気持ちになってくる」。

「襟裳岬」だった。

 これがフィクションの挿入歌なら、あまりの捻りのなさに苦言のひとつも出るだろう。

駄作を極めたようなこの演出が、ところが一周して二周して、もはや時代から置き去りに

された末、比類なき説得力をもって迫る。

 夏草や兵どもが夢の跡。経済成長の蜃気楼としての青線なる磁場がそうさせる。

スポンサーサイト

  • 2018.10.19 Friday
  • 22:43
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM