かつてそこにあった

  • 2018.08.31 Friday
  • 21:17

「ハマのメリーさん・白いメリーさん、横浜・神奈川で生まれ育った、あるいは住んでいる

人ならば名前だけは聞いたことがあるのではないだろうか。

 実際に見た人も少なくない。聞くと、その証言のほとんどが『背骨の曲がった白塗りの

お婆さん』『伊勢佐木町にいるけどフランス人形だと思った』『今はああだけど、実は

華族出身らしいよ』など、表面的でつかみどころがなく、実際のメリーさん、本当のメリー

さんを知っている人はあまりいない。証言のすべてが現実感がなく、噂の延長の域を

出ない。例えていうなら、まるで横浜という街の風景を語るかのごとく、みんなが話し

始める。しかし彼女の存在自体が明らかな現実であり、風景になることなどできない。

第一、この近代として肥大化した横浜に、日本の戦後を引きずったメリーさんがいたと

いうこの事実は、痛烈な風刺以外の何物でもない。どこから来て、どこに消えたのか? 

メリーさんって本当は、何者なのか? それはわからない……。では、これから作る映画の

テーマとは? 私の興味、関心とは何なのか? それは、今までメリーさんと関わった

人たちである。それぞれが持つ自分の中のメリーさん、自身の人生の中でどういう関わりを

持ったのかを話してもらうことで、横浜という町、そこで暮らす人々を記録できないか、

残すことはできないだろうか」。

 

 カメラのフレームが収め得るのは、そこにあるものだけ。

 捉えられる限りのものはすべて捉える、そんな異質な文体の濃度に気圧される。

 メリーや周辺人物にとってのキーとなるような場所ならばともかく、通常ならば普通名詞の

モブとして処理されるようなところでさえも固有名詞が刻まれる。例えば「テレクラ」ではなく

「バレンタインコール関内店」、「葬儀場」ではなく「奉誠殿」。

 そしてその執拗さゆえにこそ、かえって中心たるメリーの不在が浮上する。かつて横浜で

カメラを構えればおそらくは写り込んだだろうメリー、そして今そこにはいないメリー。

そこにあるもののみを捉えているはずのレンズが、そこにかつてあったものを降臨させる、

純文学ならぬ純ドキュメンタリーとでも言うべきか、ドキュメンタリーの方法論的自己言及が

束の間、マジックを引き起こす。

 このテキストが編まれるまでに事実上、20年もの時が割かれた。この間にも、少なからぬ

登場人物は既に他界している。かつてカメラを前にしてメリーを語った彼らはもういない。

そしてメリーももういない。

 死にゆく人、変わりゆく街を対象化することが否応なしに気づかせる、写実なる仕方が

切り取るものとはまず何よりも時間に他ならないことを。フィルムはかつてそこにあったことを

証する存在としてそこに横たわる。

スポンサーサイト

  • 2018.09.17 Monday
  • 21:17
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM