the Great Escape

  • 2018.10.19 Friday
  • 23:30

 トンブクトゥ。

 どこかリズミカルなこの地名を知ったのは高校生の頃、『村上龍料理小説集』の一節、

「クスクス・トンブクトゥ」なるさらにメロディアスを強調した料理の存在を通じてのこと。

 

「かねがねヨーロッパの歴史家や哲学者は、アフリカの黒人は『文盲』で『歴史をもたない』と

主張してきた。ところが、トンブクトゥの古文書は正反対の事実を告げている。ヨーロッパの

大半が中世のぬかるみを抜けられずにいる時代に、洗練された自由な思想の社会が

サハラの南に花開いていたというのだ。その文化は、1591年にモロッコ(サアド朝)に

征服されていったんは地下に潜ったが、18世紀になってふたたび隆盛をみた。しかしその後、

ほぼ70年におよぶフランスの植民地支配でこの伝統はまたも消え失せる。古文書は秘密の

戸棚や保管庫に隠され、あるいは地面に埋められた。

 ユネスコの専門家は、この失われた遺産を取り戻すための機関の創設を決める。

トンブクトゥに往時の栄華を多少なりとも甦らせ、サハラ以南のアフリカがかつて非凡な

著作を生み出していたことを世界に向けて証明するのが狙いだ」。

 そんな資料のひとつに、例えば『女性との性生活に関する男性への助言』なるものがある。

「これは、催淫剤や不妊治療薬について手ほどきをし、一緒に眠らなくなった妻をベッドに

戻す方法を教授するという内容である。……性的快楽は、イスラムでも是認されていると

断言し、勃起を持続させてオルガスムを高めるために祈ることまで推奨している。……

性的な刺激としてコーランの文句を利用するというのは、トンブクトゥの日々の暮らしにいかに

宗教が根づいていたかを示していると同時に、この地で実践されていたイスラムが形式に

とらわれない大胆なものであったことの証しでもある」。

 

 ところが、歴史は時にあまりに皮肉にできている。かつて多様性を湛えたこの地を

イスラム原理主義の魔の手が襲う。

“イスラム警官”に言わせれば、音楽は「神によって悪しきものとされている」。だから

携帯電話の着信音はすべてコーランの詠唱に統一するよう命じられた。あるとき、

カフェの店先でポータブルステレオの音楽を聞いてると、例の“警官”が現れた。

「あいつらはステレオからメモリーカードを抜いたんだ。三日後に返ってきたときには、

音楽が消えてコーランが吹きこまれていた」。

 アルカイダの使者にとっては、「新しく考え出されたことに注意しなさい。なぜなら、

新しく考え出されたことはすべて逸脱であり、逸脱はすべて正道を誤らせるもの

だからである」とのハディーズの一節がすべてだった。

 その基準に従えば、ようやく集めた377000冊ものトンブクトゥの古文書はいずれも

「逸脱」に違いなく、一度彼らの手に落ちれば燃やされる運命にあることは明白だった。

 ならば安全地帯へと避難させるより道はない。かくして彼らの大脱走がはじまる。

 

 不謹慎、といえば、これほどまでにその批判が妥当な楽しみ方もそうはあるまい。

 そんなことは分かった上で、なお胸が高鳴るのを抑えきれない。

 脱走フィクションにおいてキモとなるのはやはりスリル、つまり、敵役がどれほどまでに

血も涙もなく狂っているか、にかかっている。その点、本書の満たす要件は及第点どころの

騒ぎではない。音楽を聴いてうっかりリズムを刻んでしまう、映画ならばありがちなそんな

人間味演出すらも期待できないような、話の通じない連中が相手と来ている。

 こんな追っ手を振り切らねばならないのだから、どう転んでも面白くないはずがない。

 

 不謹慎、なるほどそうかもしれない。

 しかし、この楽しみ方こそが、少なくとも私に言わせれば、逆説的に本書に込められた

最大のメッセージなのだ。テキストをテキストとして享受することすらできない社会、

それはまさしくイスラムの聖典を大義名分に、他のテキストをすべて「逸脱」として排除する

おぞましい社会の姿に他ならない。

 この心性、何かに似ている、そう、例えば「世間」や「常識」を楯に、自らの「正論」を

振りかざし、他人の言行を狩ることに執心するネット上の不謹慎警察どもに。

 

 イスタンブールのサウジアラビア領事館で姿を消したジャーナリスト、ジャマル・カショギは

最後の寄稿に以下のタイトルを付した。

「アラブ世界が最も必要としているのは表現の自由」。

 

 狂気との間に交わすべき会話など存在しない。失われたものは戻らない。だから。

 逃げろ。

スポンサーサイト

  • 2018.11.08 Thursday
  • 23:30
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM