「経済学者は最高の警官」

  • 2018.10.27 Saturday
  • 20:09
評価:
トム・ウェインライト
みすず書房
¥ 3,024
(2017-12-16)

「基本的な経済学を応用して、まったく別の視点から麻薬取引を分析したら、いったい

何がわかるのだろう? 今いちど麻薬カルテルを詳しく見てみると、合法的な企業との

共通点がいっそう明らかになる。コロンビアのコカイン・メーカーはアメリカの巨大スーパー

マーケット・チェーン『ウォルマート』と同様、サプライ・チェーンを厳格に管理することで

利益を守ってきた。メキシコの麻薬カルテルはマクドナルドが成功させたフランチャイズ

方式で規模を拡大してきた。エルサルバドルでは、かつて不倶戴天の敵と誓い合ってきた

全身タトゥーのギャングたちが、競争するより協力した方が互いの利益になると気づき

はじめている。カリブ海諸国の犯罪者たちは悪臭ただよう刑務所を求人センターとして

利用し、人材確保の問題を解決している。麻薬カルテルは、一般の大企業と同じく

オフショアリングを試験的に取り入れることで、規制の緩い別の国々に問題の解決策を

見いだしはじめているし、一定規模まで成長した大半の企業と同じく経営の多角化も

試みている。そして、路面の小売店と同じくオンライン購入の波に押しつぶされつつある」。

 

 コカインの供給を止めたければ、原材料のコカの葉の栽培を解体してしまえばいい。

そうすれば必然的に末端価格も高騰し、消費の抑制につながるだろう。

 なるほど、一見理に適った推論だ。そうしてペルーやコロンビアでは軍を動員してまで

畑を焼き払い、除草剤で木を枯らした。

 しかし、コカイン市場では微塵の価格変動も起きなかった。何せコカの葉はカルテルの

独占状態、不作だろうが皺寄せは農家にすべて被せてしまえばいい、それはちょうど

アメリカの小売市場でウォルマートが供給業者を買い叩くのとまったく同じように。

「コカの栽培条件が悪化しても、貧しい農家がいっそう貧しくなるだけで、カルテルの利益が

減ることも、コカインの販売価格が上がることもない」。

 人々はやがて「根絶」というムチに代わり、「補助金」というアメの有効性に気づく。

「コカよりも別の合法的な作物を栽培する方が儲かるなら、農家は栽培する作物を変える」。

 ところが、この戦略も思わぬ壁にぶち当たる。

「コカイン生産者は、従来よりも60パーセントも効率的にコカからコカインを生産する方法を

開発したのだ」。

 市場の圧力にプレイヤーが合理的な反応で答える。これをイノヴェーションという。

 

 規制を逃れるイノヴェーションといえば、脱法ドラッグもその典型。

 従来の法を免れる新種の合成麻薬を業者が開発しては、政府からの横やりが入り、

そして業者はまた別の抜け穴を探す。消費者のドラッグ・ニーズが衰える兆候はない。

 このいたちごっこの最大の不毛は、安全性、有害性が二の次にされてしまうこと。

「ドラッグ・メーカーの研究開発チームは、より高品質または安全な製品ではなく、販売が

可能な新しい製品を開発することだけに専念している」。

 優先順位が危険性や依存性に設定されないことから来る、極めて合理的な帰結。

 

 本書の概要は、麻薬カルテルを素材に用いた入門経済学、マネジメントの実践編。

自由市場のプレイヤーの努力という点において、彼らとてその例外であろうはずがない。

 堅苦しい教科書ならば誰にだって書ける。しかし、楽しく学べるというインセンティヴを

付与するとなれば、その難易度は格段に上がる。

 そして本書は見事にその条件をクリアする。なにせ刺激に事欠かない。

 メキシコでは「試験官の腐敗が進み、賄賂なしでは運転試験に合格するのが難しく

なったため、数年前に試験が廃止された」。エルサルバドルを取材訪問したときのこと、

「街のど真ん中だというのに、どういうわけか携帯電話の電波がまったく入らない。……

囚人の電話をブロックするための妨害電波のせいだ」。

 面白い、ということはさらなる副産物を伴う、つまり、そのメッセージが説教臭さを排して

より読者にとって受け入れやすいものになる。伝えようとしていることそれ自体は同じ、

ただし伝え方次第でまるで届き方は違う、そんなPRの実践例を示すかのように。

 本書のすばらしさは、テキスト構成そのものが経済学の有効性を体現していることにある。

 禁止からコントロールへ。ストイシズムの効力が限定的という点において、薬物依存症も

テキスト読者もひとつとして変わるところはない。

スポンサーサイト

  • 2019.08.18 Sunday
  • 20:09
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック