You can't handle the truth!

  • 2018.10.31 Wednesday
  • 22:48

 グアンタナモの米軍基地内で死亡事案が発生した。上下関係の規律を乱すものには

身を以て制裁を加える、そんな「コード・レッド」の起こした不幸なこの事件をめぐって

開かれた軍法裁判は、ジャック・ニコルソン扮する大佐の関与をめぐって争われた。

 直接の命令を示す証拠は結局のところなかった。ところが男は自白する。前線を預かる

者としての誇り、国防を担うものとしての誇りが、証言台での自白を促さずにはいなかった。

自らの管轄下において行われたすべてのオペレーションを掌握していないということなど、

たとえ裁きの報いを受けようとも、司令官には決して認められることではなかった。

 このいけすかない男もまた、「グッドマン」であったことを知らされる、苦い後味を残して

映画『ア・フュー・グッドメン』は幕を引く。

 

2017728日……稲田朋美防衛大臣は、安倍首相に辞表を提出したことを

明らかにした。/この日、防衛省の不祥事を調査する防衛監査本部は、南スーダン国連

平和維持活動(PKO)の日報隠蔽疑惑について、防衛省・自衛隊の幹部らが組織ぐるみで

隠蔽に関与していたとする監査結果を公表した。監査本部は、陸上自衛隊幹部らが本来

開示すべき南スーダンPKOの日報を意図的に開示対象から外したり、実際には存在するのに

『廃棄した』と偽って開示しなかったとして、これらの行為を情報公開法の開示義務違反

および自衛隊法の職務遂行義務違反と断罪した。……本書は私[布施]と三浦記者という

同年代のジャーナリスト二人が、日本とアフリカそれぞれの地で、自衛隊が派遣されていた

南スーダンで一体何が起きていたのか、そして、そこで起きた出来事がいかに日本政府に

よって隠蔽され、ねじ曲げられて日本国民に伝えられていたのかを全力で解き明かそうとした

『連帯』の記録である」。

 

 そもそも南スーダンへの派遣はPKOの要請によるもの、その国連が“armed conflict”との

表現をもって現地の状況を伝えていたにもかかわらず、日本政府は一貫して「戦闘ではなく

衝突」との見解を示した。それに従えば、「政府軍と戦っているマシャール派が系統だった

組織性を有しているとはいえず、支配を確立するに至った領域があるともいえない」、

マシャール派が「国に準ずる組織」でない以上、「戦闘」の定義を満たすことができず、

然らば南スーダンへの派遣はPKO五原則にも憲法にも抵触しない。

「アメリカや国連にとっては、南スーダン政府はもはや『国造り支援』の対象ではなく、

その暴力を一刻も早く止めなければならない『紛争当事者』なのだ。そんな中、日本だけが

『南スーダンでは武力紛争は発生していない』と言い、南スーダン政府に対する『国造り

支援』を続けていた」。

 

 南スーダンを訪れた記者は、とある建物へと向かう。通称トルコ・ビル。20167月、

この建物をマシャール派が占拠したことで、2日間にわたり激しい銃撃戦が交わされた。

外壁や内部にはロケット砲や小銃の痕跡が生々しく残る。

 そのビルは、首都ジュバの国際空港を間近に監視できる戦略上の拠点だった。

 同行した政府の副報道官は記者に告げた。

「国連部隊が我々に向かって対戦車誘導弾を撃ち込んできた」。

 この場所で南スーダン政府軍とPKO部隊が交戦し、中国人兵士が死亡した、という。

 ビルからは空港の他に、まるで「校舎の屋上から目の前の校庭を見下ろすよう」に、

もうひとつあるものを一望することができた。

 自衛隊宿営地だった。

 

 本当に「戦闘ではなく衝突」だったのか。

 真相を示唆する内部文書が後に布施氏の請求に従って公開された。

「事案後の面談において多くの隊員が口にした事項については、睡眠への不安が最も多く、

入眠障害・中途覚醒の症状が多くあった。次に多かった事案が、音への恐怖心であ」った。

 またこの報告はPTSDへのケアについても併せて言及している。

「隊員は平常心を装いながらも常に緊張状態が継続し、蓄積した心疲労の回復には

時間が必要であり、また、事案時のフラッシュバックは何時起こるか分からず、(中略)

帰国後の回復が順調に行なわれなければ、メンタル不調者(抑うつ傾向から自殺)の

発生も予測される事から、原隊復帰後も継続した心情把握および心のケアが必要である」。

 

『ア・フュー・グッドメン』などフィクションに過ぎない。

 真実は、悪い奴ほどよく眠る。

スポンサーサイト

  • 2019.05.24 Friday
  • 22:48
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック