企業は社会の公器である

  • 2018.11.23 Friday
  • 21:31

 周知の通り、職業を示す英単語professionは、その従事にあたって行う宣誓行為を

由来に持つ。狭義には聖職者、医師、法律家。誓いのことばはすべて同業者へと

向けられる、視点を変えれば、その参入障壁の高さを示唆するものと言えよう。

 そもそもにおいて、ジャーナリストの世界はこの性質になじまない。それはひとつには、

言論の自由を妨げることになりかねないから。そしてより大きい要因は英国の文化背景、

つまり、理屈をこね回す前に、目で盗め、手で覚えろ、という例の徒弟制の存在にある。

 

「一義的に定めることのできない『ジャーナリスト』は、サラリーマンとしての側面を

もち、専門職としてその地位が確立されているわけでもなく、権力の監視からタレントの

待ち伏せまで社会においてさまざまなイメージを抱かれ、研究対象としてきわめて

扱いにくい。しかし、本書でイギリスのジャーナリストを取り上げる目的は、第一にその

扱いにくさ、つまり、ジャーナリストの多様性を強調することにある。……本書は個々の

重要人物ではなく、ジャーナリストという集団に焦点を合わせていく。なぜなら、世に

広まるニュースのほとんどが名もなきレポーター、整理担当者、編集者の協働作業に

よるものだからである。とりわけ、その就職の時点、メディア業界に参入するための教育、

訓練の歴史を詳細に描く。いかなる教育、訓練がふさわしいのかを議論することが、

すなわち、何をもってジャーナリストとするのかを決める闘争の場となるからである」。

 

 ジャーナリストは生まれるもので、作られるものではない。この命題が真だとしても、

天賦の才を花開かせる基本の伝授までをも否定する者はおそらくあるまい。さりとて、

そうしたスキルの習得が、徹底的な現場主義の叩き上げによってのみ果たされるのか、

はたまた、教育カリキュラムを通じて一定程度は実現できるのか、は見解の割れる点。

 どこかで耳にしたことのあるような話ではなかろうか。いっそ職人気質の業界にでも

置き換えてしまった方が議論の理解は容易なのかもしれない。それをたとえprofession

呼ぼうが、tradeと呼ぼうが、craftと呼ぼうが、実のところ、本書が延々と繰り出す葛藤は、

何もジャーナリズムに固有のものではない。 

 大学に求めるべきは、即戦力を育成することなのか、OJTを仕込む土台作りなのか。

学問の世界における理論はしばしば現場の暗黙知をインストールする妨げになりや

しないか。そんな疑問は他のジャンルもみな同じ。

 雑務をこなす体力さえあればいい、と若い世代を低賃金で抱え込んでは、スキルの

会得と程遠いまま経年劣化で使い捨て、そんな企業論理は報道機関に限らない。

 教育の高等化、否、高騰化は就労格差の呼び水となる。「人の将来を左右するのが

能力ではなく社会的出自」、そのバイアスもやはり業界に特有のものとは言い難い。

 ジャーナリズムは「社会の公器」、その表現が別意をもって響いてくる、そこにこそ

本書の面白みはある。なぜに特定領域についての研究がかくも広範な社会的問題を

反映してしまうのか、それはいみじくもジャーナリズムが階級や学歴を横断する多様な

人材を取り込んだ社会の縮図として作用している(いた?)からに他ならない。

換言すれば、彼らが社会についての問題提起を行うとき、必ずや自己言及構造を

孕まずにはいない。私の問題だからこそ私たちの問題を語り得る、そんな「開かれた」

公共圏の可能性を高等教育プログラムは剥ぎ取る助けにしかならないのかもしれない。

 

 そして現代は、産業モデルと逆行するように、誰しもがジャーナリストになれる

時代でもある。例えば火事の発生において、新聞やテレビがtwitterに先行する可能性は

皆無と言って差し支えない。スマホで撮られた衝撃の現場写真がinstagram経由で

全世界へと拡散される。とはいえ、市民に必要なのはそうした速報性だけなのか。

各人が情報の取得に割けるリソースが限られる以上、ジャーナリズムにキュレーションの

機能を委ねざるを得ないのは今日とてそう変わらない。そしてその選別過程において、

時代遅れとされようが、尺度としての「教養」を少なくとも私は求めずにはいられない。

社会の共通了解の礎としての常識commonsenseを涵養するに、どうして「教養」を

欠くことができようか。

 

 ある英国メディア・グループの長は言う。

「たしかに、無学なジャーナリストを雇うことに価値があるとはいえない。しかし、高学歴の

ジャーナリストは、庶民と交わることを忘れてしまう危険がある」。

スポンサーサイト

  • 2019.08.18 Sunday
  • 21:31
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック