飼い馴らされた生

  • 2018.12.05 Wednesday
  • 21:24

「出産を通してはじめて自分が産む身体の持ち主であることに気づいた。新大陸の

発見といえるほどの驚きだった。自分が身体の持ち主でありながら、その身体に

埋め込まれたメカニズムに出産を通してはじめて気づくという経験だった。頭で考える

自己や意志とは別に身体そのものが独自の思考や決断を下していることへの驚きが、

現代社会と身体を考えるきっかけを与えてくれた。

 それとともに妊娠から出産、出産後の身体の回復に関わる助産婦の仕事を知った。

産む身体がもつ力をできるかぎり生かし、子どもを安全に、そして産む女性が健康に

出産することができるように援助する仕事がなぜこれほど世の中で知られていない

のかという素朴な疑問が、本書の出発点となっている」。

 

「それまで医療の対象とされていなかった事象が医療の管轄下に置かれること」を

指して「医療化」と呼ぶ、らしい。自宅や助産所で専ら新生児が取り上げられたのも

遠い昔、今や99パーセントの出産は医師の下、病院で行われる。さらに出生の

曜日や時間帯の分布データは、陣痛促進剤や帝王出産などコントロールの介在を

否応なしに知らしめる。そんな「医療化」がほぼ完遂したこの時代に、あえて

「助産」にスポットライトを当てる。

 明治の目指した脱亜入欧は、富国強兵の礎としての産児にも及ぶ。一方では

確かに、消毒や異常分娩の処置等、「助産」の制度自体もまた、当時の水準にいう

「医療化」を具現する。しかし他方で、本書の白眉はそうした枠から自ずとはみ出る

オーラル・ヒストリー、語りの魅力にこそある。

 出産の制度史をたどればおそらくは通常、法制史や統計をひたすら参照する

「産む機械」の履歴に収斂せざるを得ないだろう。しかし、「正常と異常の境界」に

横たわる出産をめぐるリアルはしばしば、システム設計の意図しない逸脱を助産婦に

要請せずにはいられない。

 実は序章で展開される、経験談の語り手は筆者の義母である。「振り回される」

彼女が担った役割の多くはまず間違いなく、法律や行政文書をいくら検討しても

浮上することはない。管轄外の健康相談が持ち込まれるのなんて当たり前。

たぶん母親にしてみれば当然のアフターケアなのだろう、まるで託児所のように

子どもを預かることもあった。制度の利用を促す、今で言うソーシャルワーカーの

機能も果たした。嘱託医との関係を維持するため、「応援」にも行った。

 こうした語りのいちいちが、個人的な見聞録の域を超えて、昭和の日常を生々しく

映し出す。このフォークロア性が、「医療化」と見事なコントラストを構成し、

本書全体に立体性を与え、「助産」を特徴づけていく。

 

 ゆりかごから墓場まで。

 個人商店が消えた街並みを、大型モールやファストフード、コンビニが効率的に

埋めていく。そんなウェルメイド現象の妊娠、出産ヴァージョンとでも言うべきか。

 消費者の取捨選択という以外に、この変遷をどう説明できるだろう。

スポンサーサイト

  • 2019.08.18 Sunday
  • 21:24
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック