麦秋

  • 2018.12.14 Friday
  • 23:20

「おなじ雑誌をしばらくだしつづければ、ふつう、ひとはあきて、なにか別の

ことがやりたくなる。でも花森安治はちがう。おなじ雑誌をあきることなく

30年間、基本的にはおなじスタイルでだしつづけ、ほとんど独裁者といって

いいほどの権威と権力をもって自分の砦に君臨しつづけた。

 しかも、たんに独裁的なマネージャーというのではなく、かれは群をぬいて

有能なプレイング・マネージャーだった。

 毎号、おおくの記事やキャッチコピーを書くのはもちろん、イラスト、描き文字、

レイアウト、写真撮影、新聞広告や電車の車内吊り広告、そして企画から

現場での編集作業まで、そうしたすべてを花森は自分ひとりで、しかも、ひとには

決してまねできないようなクセのつよいしかたでやってのけた。

 いってみれば、雑誌編集のダ・ヴィンチ型万能人である」。

 

 その才覚を示すには、花森が手がけたこのコピーを引くだけで足りる。

 ぜいたくは敵だ!

 そんな男が戦後の焼け跡で、『暮しの手帖』を立ち上げた。とはいえ、企画は

ひょんなことから彼のもとへと持ち込まれたものだった。仕事を受けるにあたって

「執行猶予された戦争犯罪人」は言った。

「今度の戦争に、女の人は責任がない。それなのに、ひどい目にあった。

ぼくには責任がある。女の人がしあわせで、みんなにあったかい家庭があれば、

戦争は起こらなかったと思う。だから、君の仕事にぼくは協力しよう」。

 とはいえ、伏線は戦前の、それも大学の卒業論文にたどることができる。

 このなかで彼は「衣粧」なることばをつくり出し、それを規定する要素として

風土、階級、性別をならべ、それぞれに検討をすすめる。

「若しも女性が優位を占め男性がそれに依存する社会を考へるなら、

恐らく女性の衣粧は簡素な実用的な形式をとり、これに反して男性の

衣粧は、しなやかな、線の柔い、優雅な形式を持つに至るであらうことは

考へ得られないであらうか」。

 花森と「暮し」の出会いは、敗戦のもたらした必然だった。

 

「暮し」の開拓者である花森は、ただし消費社会の礼賛者ではなかった。

工業化と引きかえに公害が影を落とした時代、彼は謳った。

「民主々義の〈民〉は 庶民の民だ

 ぼくらの暮しを なによりも第一にする ということだ

 ぼくらの暮しと 企業の利益とがぶつかったら 企業を倒す ということだ

 ぼくらの暮しと 政府の考え方がぶつかったら 政府を倒す ということだ」。

 

 その歩みを知るほどに、どうにもあるひとが重ならずにいない。

 小津安二郎。

 佐分利信の囲むお座敷がさながら戦争へと導いた男性原理とするならば、

その清算は原節子によって表される女性原理を通じて果たされる。いずれにも

つけぬまま、パチンコや麻雀で暇を持てあます一般人が笠智衆というところか。

 時にマンネリと批判されつつも、同じようなシナリオで小津が撮り続けたのも

「暮し」だった。直接にその記憶が描かれることはなくとも、「暮し」をカメラに

とらえる営みのひとつひとつが、体験世代にとっては、戦争を透かさずにいない。

 晩年の花森のことばから。

「戦争を起こそうというものが出てきたときに、それはいやだ、反対すると

いうには反対する側に守るに足るものがなくちゃいかんのじゃないか。……それで

ぼくは考えた。天皇上御一人とか、神国だとか、大和民族だとか、そういうことに

すがって生きる以外になにかないか。ぼくら一人一人の暮らし、これはどうか。

暮らしというものをもっとみんなが大事にしたら、その暮らしを破壊するものに

対しては戦うんじゃないか。つまり反対するんじゃないかと」。

スポンサーサイト

  • 2019.01.21 Monday
  • 23:20
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM