孤独な散歩者の夢想

  • 2018.12.14 Friday
  • 23:24

 この散策はまず、東京(帝国)大学のお膝元、本郷を訪ねるところからはじまる。

「明治国家の物語(富国強兵、殖産興業……)にほころびが生じてきた

(リアリティが感じられなくなってきた)日露戦争前後から、煩悶青年と言われる

若者たちが登場しました。彼らの実存的不安は、世界の不安と一体化していました。

彼らは苦悩と疎外感を乗り越えるために、やがて他者や世界との透明な関係を志向し、

それを政治的に実現しようと考えるようになります」、そんな物語を確かめるように。

 そうした「煩悶青年」の鬱屈は、例えば井上日召率いる血盟団の革命思想、

日本橋を舞台とした要人暗殺に実を結ぶ。ただし事件は、「煩悶青年」を仰ぐ

テロリズムのほんの序章に過ぎず、永田町の首相官邸における5.152.26へと

進行する。「現状を打破できない政党政治への不信感は頂点を極め、一気に

変革を実現できる救世主を待望する世論が高ま」る中、来るべくして近衛文麿、

大政翼賛会の挙国一致の時を迎える。

 

「歴史は、同じ形で繰り返すことはありません。しかし、歴史には型があります。

私たちは、いまこそ戦前期の歴史の顛末をしっかりと辿り、現在を相対化しつつ、

その先を見据える指針を獲得すべきではないでしょうか。

 そんなとき、私は戦前の日本を歩いてみたいと思いました。空間は時間を

記憶しています。その痕跡はあらゆるところに潜んでいます」。

 

 このテキストは2012年に出版された。それをあえて2018年にめくるという行為が

新たなる感慨をもたらさずにはいない。

 途中、両名は隅田川界隈の下町に足を運ぶ。3.11からわずか2か月後のこと、

当地は慰霊堂に示されるように、関東大震災で苛烈な打撃を受けた場所である。

ただし、「天遣」を被った市井の人々が失ったのは単に生活拠点だけではない、

そのことを夢野久作の引用から彼らは論じる。

「かつて江戸っ子たちには、『顔が利く』という世間や社会があった。しかし震災で

下町から焼けだされ、みんながバラックでの暮らしとなり、コミュニティが崩壊し、

バラバラに生きていくようになってしまった。……つまり、江戸っ子から東京人に

なったと。そして、それによって人々は顔を失ったと」。

 読み進むと、さらに「歴史には型があ」ることを思い知らされる。

「シニシズムは、つねに救世主待望論と背中合わせで、誰か登場して、一気に

何かやってくれという世論が強まってくる。それが5.15事件の背景にあった世論

でしたし、世間の空気だった。ガラガラポン幻想ですね。そして、既得権益としての

財閥・政党政治家への暴力が湧きあがっていた」。

 歴史をひもとくだけで、2012年の著作物が、例えばドナルド・トランプの降臨を

いとも簡単に予言してしまう。今日のフランス情勢とて同じ、社会党にも共和党にも

倦み果てた国民が選んだ大統領エマニュエル・マクロンは、蓋を開けてみれば、

グローバル勢力の送り込んだトロイの木馬に過ぎず、パリの街で火を噴く暴徒は

自らの正義を信じて疑わない。敵を設けることでしか自らのアイデンティティを

明かし得ない排除主義者のパラノイアは、原理上、飽くことを知りようがない。

異論を夷論と退ける、ポスト・トゥルース・メンタリティと「煩悶青年」との間に

いったい何の違いがあるというのか。

 

 到達点を予示する歴史は、皮肉にも、もうひとつの事実を教える。

 歴史は繰り返す、なぜならば、大衆の大衆たる所以、彼らが学ぶ日など決して

来ないのだから、街を歩けば恰好の教材がいくらでも転がっているというのに。

 だからこそ、こうも言い換えられてしまう、歴史は知られないためにこそある、と。

 ファシストの存在に個人の資質に依拠するものなど何ひとつない、すべての説明は

大衆を通じてのみ与えられる。

 愚者の行進は通り過ぎてはじめていつか来た道であることに気づく。

 いかなるときも、歴史は決して一般意志を具現しない。

スポンサーサイト

  • 2019.01.21 Monday
  • 23:24
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック