幸福論

  • 2018.12.27 Thursday
  • 21:59
評価:
安部 公房
新潮社
¥ 562
(2003-03)

「ある八月の午後、大きな木箱と水筒を、肩から十文字にかけ、まるでこれから

山登りでもするように、ズボンの裾を靴下のなかにたくしこんだ、ネズミ色の

ピケ帽の男が一人、S駅のプラットホームに降り立った」。

 男の目的は昆虫採集、わけても砂地に生息するハンミョウ属。万が一、新種の

発見ともなれば、「長いラテン語の学名といっしょに、自分の名前もイタリック

活字で、昆虫図鑑に書きとめられ、そしておそらく、半永久的に保存される」、

そんな夢に憑かれて砂を這ううち、気づけば最終便を逃していた。

 男は、集落で出会った老人に宿泊する民家を斡旋してもらう。連れられて

訪れたのは、縄梯子を垂らした先の、ひどく朽ち果てた家。そこに住まうのは

浜には不似合いなほどに色白の女。

 とめどなく風に運ばれる砂のかき出しに忙殺される女と、それを客人として

呑気に眺める男。翌朝、帰路に着こうと外へ出ると、縄梯子が消えていた。

 かくして男は女とふたり、崖の底に残された。

 

「死にぎわに、個性なんぞが、何んの役に立つ。型で抜いた駄菓子の生き方で

いいから、とにかく生きたいんだ!」

「灰色」の日常に倦み果てて、生の自明性を見失った男が、「砂に侵食されて、

日常の約束事など通用しなくなった、特別の世界」に突き落とされ、絶望に次ぐ

絶望の中で、遂に生それ自体を回復するまでの物語としての『砂の女』。

 来る日も来る日も、村が、家が押し潰されないように砂をかく。風が運び込む

砂に苛まれることがこの集落の定めである以上、一度「愛郷精神」に従うことを

選んだ彼らには砂をかく以外の日常などあり得ない。生きるために砂をかく、

生きるとは砂をかくこと、砂をかくために砂をかく、この自己目的化のサイクルに

「なぜ」の問いかけがいかなる意味を持ち得ようか。

 いかにも厄介なことに、男は砂かきに「労働」を見出す。

「労働には、行先の当てなしにでも、なお逃げ去っていく時間を耐えさせる、

人間のよりどころのようなものがあるようだ」。

 読み進めば否応なしに気づかされる、「つまり、ないものをですね、あるように

思いこませる幻想教育」からほんの少し覚めてみれば、この砂の集落は決して

生の寓話ではないのだ、と。『砂の女』とは実に生そのものに他ならない。

 

 妙齢の男と女が屋根の下に住まえばやがてすることをする。新たな生が宿る。

「男というものは、何かなぐさみ物なしには、済まされない」。

 あまつさえ男は、奈落のはずのその場所に「なぐさみ物」を見つけてしまう。

それどころか今や、それを話し伝える相手を持つ。かつての「なぐさみ物」、

昆虫採集に打ち明けるべき知己などひとりとしていなかった男が。

 これを幸福と呼ばずして、他の何をそう名指すことができようか。

 本書にミシェル・フーコーの指摘を重ねることはたやすい。監視塔としての

火の見櫓のくだりに、パノプティコンを連想せずにいる方が難しい。

「漂流者が飢えや渇きで倒れるのは、生理的な欠乏そのものよりも、むしろ欠乏に

対する恐怖のせいだという。負けたと思った時から、敗北が始まるのだ」。

 男の見た幸福が、こうした生存戦略と自己監視の混淆物に過ぎないとしても、

それは読者が通過儀礼を経た男に祝意を表さずにいられる理由にはならない。

分かつ友のないラテン語学名が象徴するだろう、パトリなきナショナリストの

終着点として、これ以上の安楽をどうして望むことができようか、たとえ当の

法治国家から失踪手続きに基づく死亡認定がなされたとしても。

 ソルジェニーツィンの監獄も、ニアミスこそあれ、この作品とはすれ違う。

「けっきょく世界は砂みたいなものじゃないか」。

 つつがない幸福をめぐる試論、それが『砂の女』、衒いでも、皮肉でもなく。

スポンサーサイト

  • 2019.03.16 Saturday
  • 21:59
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM