道の駅型ローカリティ

  • 2019.01.21 Monday
  • 22:36
評価:
ミロスラフ・ペンコフ
白水社
¥ 3,024
(2018-10-26)

 かつてスタロ・セロなる村があった。大戦を経て、村を走る川が国境線に変わる。

東はブルガリアに、西はセルビアに、そしてそれぞれに新たな名前が与えられた。

まもなく川にはベルリンの壁や38度線と同じ意味が付され、監視する軍人たちの

銃を構える光景が日常と化した。ただし、彼らは両国の許可の下、5年に一度、

「スボール」なる再会イベントを催し、そこで東の民はリーバイスやアディダスを

知ることとなる(「西欧の東」)。

 長く続く風習のひとつ、「誰かが亡くなると、遺族は故人の名前と遺影、その下に

短く悲しい詩をつけた『ネクロログ』という紙を作る」(「ユキとの写真」)。

 ある年のこと、党の指令により、「ポマク人であれその他のイスラム教徒であれ、

国内のすべてのトルコ人に、新しくブルガリアの氏名が与えられる。ブルガリアに

住んでいるなら、ブルガリアの名前を名乗らねばならない。それがいやなら、

トルコに去ってもらって構わない」(「夜の地平線」)。

 グリーンカードを取得してアメリカン・ドリームを思い描くも、やがて挫けた男が

失った祖国のアイデンティティとしての「ヤッド」を語る。「悪意や強い怒りや

憤りにも似ていて、でももっとエレガントで複雑なんだ。誰かに対する哀れみの

気持ちとか、自分がやったことやらなかったこと、逃したチャンス、しくじった

機会を悔やむ気持ち、そうした思いのすべてが、ヤッドっていう美しいひと言には

こめられている」(「デヴシルメ」)。

 

 ブルガリアと耳にして連想することといえば、カザンリクとヨーグルトと琴欧洲、

白地図を渡されて位置を指し示せと言われてもたぶん正解できそうもない、

その程度の、知識と呼べる代物を持たない私が以下にする指摘は、全くもって

的を外した言いがかりでしかないのかもしれない。

 なるほど、短編の中に見事に東欧の小国の歴史トピックが織り込まれている。

もしかしたらブルガリア人は、この一冊に国民作家の誕生を見るのかもしれない。

 ところが、読み進むほどに引っかかる。

 うまくできている、いや、うますぎる。異国情緒を求める顧客の期待に応えて

ブルガリア固有の歴史、風土を分かりやすくサービスに折り込む、それはまるで

アミューズメント・パークのマーケティング接客術のように。ジャパンといえば

スシ、サムライ、フジヤマ……そんな記号性のプールと何が違うというのだろう。

 

「レーニン買います」よりの抜粋、アメリカン・ジョーク集からの誤引用ではなく。

 

   1999811日、僕はアーカンソーに到着した。空港に迎えに来てくれた

  若い男ふたりと女の子ひとりは、みんなスーツ姿だった。留学生を何かと

  ケアしてくれる何かの組織に入っているらしい。

  「アメリカにようこそ」と、三人は温かく親しげな声をそろえて言い、誠実な

  顔が満面の笑みになった。車に乗ると、僕は聖書を渡された。

  「これが何かわかりますか?」ゆっくりと迫力ある声で、女の子は言った。

  「いいえ」と僕は言った。女の子は心底うれしそうだった。

  「これは我らが救世主の言行録です。我らが主の福音です」

  「ああ、レーニン全集のことだね」と僕は言った。「第何巻?」

 

 商品化のほかに、ナショナリズムは生き延びる術を持たない。

スポンサーサイト

  • 2019.05.24 Friday
  • 22:36
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック