「そこに社会があった」

  • 2019.02.20 Wednesday
  • 22:02

「本書は硫黄列島という小さな島々の島民の社会史的経験を描いている。一方で、

硫黄列島のたどった、一見するとミクロな歴史経験からは、日本本土側にとって

一方的に都合のよい歴史像、たとえば『立派に耐えた玉砕の島』といった地上戦

イメージや、『焦土から復興へ』というお馴染みの戦後イメージを揺るがす、新たな

20世紀史像が浮かび上がってくる。

 したがって本書は、二つの目的をもって書かれている。一つは、硫黄列島の歴史を

従来の『地上戦』一辺倒の言説から解放し、島民とその社会を軸とする近現代史として

描き直すことである。もう一つは、日本帝国の典型的な『南洋』植民地として発達し、

日米の総力戦の最前線として利用され、冷戦下で米国の軍事利用に差し出された

硫黄列島の経験を、現在の日本の国境内部にとどまらないアジア太平洋の近現代史に、

きちんと位置づけることである」。

 

 映画『硫黄島からの手紙』のワンシーン。

 クリント・イーストウッドは、「米軍の硫黄島空襲開始を受けて島民を強制疎開

させる決断をおこなう場面で、栗林〔忠道中将〕にこう語らせてしまう。『島民は

速やかに本土に戻すことにしましょう』と」。

 本書の議論を知らなければ、さしたる引っかかりを覚えることは恐らくないだろう。

むしろ焦土作戦からせめて島民だけでも逃がさんとする「人道的」存在としての栗林に

胸を鷲掴みにされる、そんな忘れがたき瞬間でさえあるのかもしれない。

 しかし、「戻す」という表現は、「1944年の硫黄島がすでに半世紀以上の歴史をもつ

社会であった事実をかき消してしまう」。彼らは本土に「戻」るのではない、あくまで

生活拠点から一時的に疎開するに過ぎない。あるいはその理解すら真を衝いたものとは

言い難い。「南方離島からの疎開は、島々を軍事利用するために当局によって組織的に

おこなわれた、事実上の故郷追放だった」のだから。そして疎開による「難民」状態は、

太平洋戦争終結後、施政権返還後の現在もなお続く。

 そしてこの延長線上でかの名匠は、もうひとつの隠蔽に加担してしまうことになる。

プランテーション商社を経由しての「偽徴用」によって「最後まで島に残された16人の

うち、地上戦の間に11人が死に追い込まれた」、その事実の隠蔽に。

 11。この数字は後の統計上でも大きな意味を持つ。「現在でも多くの資料には、

硫黄島民の地上戦での死者数は、『82名』と記載されている」。他方、都のまとめた

とある資料は「地上戦における硫黄島民の死者数を『93名』としている」。

「偽徴用」された人々は、一方では「硫黄島民」として数え上げられぬまま、つまり

自らのアイデンティティを知られぬまま、死んでいったのだとすれば平仄が合う。

 

 本書の中に、ある者は満州やブラジルなどに通じる入植の悲哀を見るだろう。

戦略拠点との美辞麗句がいかなる暴虐非道をも正当化する、そんな光景を沖縄に

投影する者も恐らくはあるだろう。愛国者どもによる311被災者バッシングを

オーバーラップさせることを想像の飛躍と咎められる筋合いもあるまい。

 硫黄島の歴史に、「国策に翻弄され」るマイノリティの運命を予見する。

スポンサーサイト

  • 2019.05.31 Friday
  • 22:02
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM