CAN YOU CELEBRATE?

  • 2019.02.23 Saturday
  • 19:59
評価:
アントワーヌ・リルティ
名古屋大学出版会
¥ 5,832
(2018-12-25)

 本書の原題はFigures publique: l'invention de la celebrite 1750-1850

「著名性は、公共文化あるいは公共圏の衰退、さらには近代が約束するとされた

解放が忘れ去られたことを証明するようなものとして現代に新しく生じたのではなく、

まさに近代社会の際立った特徴であり、ほとんど不可能なまでに巨大化し、つねに

その正当性を脅かされる危険をはらんだ近代社会に見合った偉大さの形式なのだ

……そのことを証明するために、私は著名性の最初の時代を描写することに専念

したい。……階級社会の危機、文化の商業化の始まり、印刷物ときに定期刊行物の

大規模な飛躍、少なくとも理論上ではあるが人民主権の確立などといった近代性の

主な特徴がここに登場しているのである。著名性の歴史にとってとりわけ重要な

意味を持つのは、現実そして原理としての世論と、個人の純粋性を要求する自我の

新しい理想とが連動して登場したことである」。

 

「著名性celebrite」なる語は18世紀の「発明」を待つまでもなく、ラテン語celebratus

由来を持つ。celebrationと語源は同じ、宗教や貴族の「荘厳な儀式」から、その場に

立ち会う人々へと意味は拡がりを含む。「ある場所に人々がたくさんいること」や

その絢爛を示した語はいつしか、「ある場所に」いない「人々」、生涯に一度として

まみえることのない「公衆」の視線のその先を指す語へと用法を変えた。

 

 フランス語にfemme publiqueなる成句がある。

 一般的な用法に素知らぬふりを決め込んで直訳すれば、公的な女性、典型的には

王妃マリー・アントワネット。「国王はつねに表象であり、絶えず主権を具現していると

いう意味において、国王の生活は完全に公的なものであった。ラ・ブリュイエールは

そうしたイデオロギーを表すものとして次のような言葉を残している。『国王に欠けて

いるのは、甘美な私生活だけだ』」。絶対王政の時代、なるほど彼らはすべてを見せた、

自らを公にさらした。「臣民は、物事の本質を見抜くことができないので、一般的に

外見に見えるものに基づいて判断を決定する」。国王たる者、「他の人と混同されたり

比較されたりするようなことがないほど、他の人より抜きん出て」いなければならない。

 ところが、マリー・アントワネットはこの伝統に背を向けた。お忍びで――とはいえ

家来を引き連れて――彼女はオペラ座を訪れた、自身を王妃と眼差されぬことを求めて。

クラシカルなドレスではなく時のモードをまとって舞踏会に現れた彼女は、不可触の

玉座を降りて、社交界の華として毀誉褒貶に自らを投げ入れた。

 例のfemme publiqueに話を戻す。辞書にあたれば、娼婦なる語彙が知られよう。

最新の「著名性」を身につけたやんごとなき方は、スキャンダルにまみれることで、

みんなの女、想像の上で夜な夜な誰とでも寝る女と化した。

 

『新エロイーズ』の成功は、ジャン=ジャック・ルソーをたちまち著名人へと押し上げた。

スイスの彼の日常がロンドンで記事になる。パリを訪れれば、立ち寄ったカフェに黒山の

人だかりができる。彼のテキストを開いたこともない人々が、名前の放つスペクタクルに

魅せられて狂喜乱舞する。

「彼のすることなすことが、他の人とはまったく異なる」。「著名性」を意のままに操り

体現していたこの論壇の炎上王が、ところがあからさまに「著名性」を投げ捨てる。

 かつて彼が夢見た「著名性」とはすなわち、「公衆や善意を持った読者たち」と

つながるチャンネルだった。「公衆は理性によって判断する」、1761年の幸福な宣言は

翌年の『社会契約論』における「一般意志」と「著名性」の連関を必ずや示唆する。

 しかし最晩年、『ルソー、ジャン=ジャックを裁く』に至って、公衆像は完全に覆る。

「公衆は目くらましされて、何でも信じ込んでしまうような存在であり、信じやすい人間で

あることに幸せを感じてもいる。そして、彼らは虚偽のイメージが流布することに対して

奇妙で歪んだ満足を覚える。……このようなテーマのうちに、著名性のメカニズムの描写を

見ないわけにはいかない」。

 ここに至って、ハーバーマスの「公共圏」論とルソーが見事な共鳴反応を示す。

世界が啓蒙時代に唯一見た「理性の批判的使用」としての「公共性publicite」は、

革命の収束に伴い「メディア的・商業的操作」としての「広告publicite」に座を譲る。

ドイツ人政治学者のこのロマン主義は世界史にいかなる論拠をも持たず、ただし

この「ジュネーヴ市民」の「著名性」をめぐる精神遍歴叙述としては正鵠を得る。

スポンサーサイト

  • 2019.05.31 Friday
  • 19:59
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM