セラピスト

  • 2019.03.16 Saturday
  • 21:19

 本書の原題は、The Soul of an Octopus

 映画『パターソン』にて、本棚に背表紙を見つける。

 

「今から五億年あまり前に、進化の過程でタコにつながる系統と人間につながる系統とが

分かれた。私は思った。その進化の分水嶺の向こう側にある、もうひとつの心に触れる

ことはできるのだろうか、と。……私はタコに会いたいと思った。もうひとつの現実に

触れてみたかった。私たちの意識とは別の種類の意識が実際に存在するのだとしたら、

それを探ってみたかった。タコというのはどんなふうに感じているのだろう。人間の場合と

似たところはあるのだろうか。そもそも、それを知ることなんてできるのだろうか。

 だから、水族館のロビーで出迎えの広報担当者から、アテナというタコを紹介しようと

言われたときは、別世界に招かれた特別な客になった気分だった。けれども、その日を

境に私が発見することになるのは、実は私自身にとっての愛おしい青い惑星――息を

のむほど異質で驚異的なすばらしい世界だった。この地球に生まれて半世紀、その

大部分をナチュラリストとして過ごした末にようやく見つけた、自分の居場所だと心から

感じられる世界だった」。

 

 肉体は魂の牢獄、そう公言してはばからなかったソクラテス(プラトン)にとって、

知を愛でる作業とはすなわち、魂をいかにして解放するか、その成就に他ならない。

 ゆえに彼は『パイドン』において結論する。肉体からの魂の自由、その一点において、

死と哲学は限りなく等しい。ここから高名なテーゼ、「哲学は死の練習」は導かれる。

 

 書き出しにこんな挿話を挟んでおいて、勘違いするな、という方が無理というものだが、

『愛しのオクトパス』自体は、とても幸福感に満ちたテキストである。

「タコはとても個性が強い。だから飼育係はたいてい、それぞれのタコの特徴をとらえた

名前をつける」。人懐っこいタコもいれば、エミリー・ディキンソンよろしく人目を避ける

タコもいる。無脊椎動物なのに、視覚、触覚、味覚などを駆使して、相手を識別している

としか思えないような態度の使い分けを示す。漏斗で水を噴射するのは気に食わない

ものを追い払うためだけではなく、遊びに用いることもある、そう請け負う人もいる。

 本書は、タコとの交流の記録であるとともに、取り巻く人々をめぐる観察記録でもある。

 あるアスペルガーの少女が「本当に満たされた思いを味わったのは、水族館で

ボランティアを始めてからだった」。そして突然、彼女は友人を亡くす。自殺だった。

癒したのはタコだった。彼女は言う、「泣いていても泣くのをやめる。だってタコが私に

触れてくれるんだもの。……人生最悪の夏。でも水族館での日々は人生最良の日々」。

 あるスタッフの場合、妻の肉体が奇病に蝕まれていた。ホスピスに入るその日の朝、

ただし彼は水槽の前にいた。ボランティアの誕生日を祝うためだった。彼は「悲しい

出来事が迫っているというのに、……きょうのこの日をいい一日にすることができている

――いわば奇跡だ。そんな奇跡をつかさどるのに、別世界の力の使い手であるタコ

以上にふさわしい者がいるだろうか」。

 

 メスダコが卵を産み落とす。ビーズ細工のように卵を房状に束ねて巣に吊るす。

人間との接触などもはや二の次、甲斐甲斐しく世話を焼く、ただし受精はしていない。

タコにとって産卵は死へと向かうスイッチでもある。余命半年、孵らぬ卵に心を砕く。

痛々しくも、崇高に。

「人間はタコのことをわかってませんよ」。

 各々が好き勝手にタコに見たいものを投影しているだけなのかもしれない。

 でも筆者は観客にタコは「あなたたちのことがわかっているんですか」と問われて

こう断言する。「もちろんです、……ひょっとしたら私たちが彼女をわかっているのと

同じくらい、あるいはそれ以上かもしれない」。

 スフィンクスの身体性の壁を超えて、共感があると信じなければ生きていけない。

 

 以下に余録の私事を連ねる。

 月一、二度のヤギ詣でをはじめて4カ月、先日ついに一匹が柵から身を乗り出して

顔を近づけてくれた。私が廻り込んだわけではない、餌で釣ったわけでもない、他の人に

同様のサービスを振りまくでもない、至近距離の私の背後に何があるとも思えない。

そのままじっとしばし見つめ合う。

 分かってくれた。

 Hello, World!

スポンサーサイト

  • 2019.05.31 Friday
  • 21:19
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM