現を抜かす

  • 2019.03.22 Friday
  • 22:43
評価:
川端 康成
新潮社
¥ 464
(1960-12-25)

「銀平は金が目あてではなかった。女のハンド・バッグのなかに大金がはいっている

ことはかぎつけもしなかったし、考えもしなかった。犯罪の明らかな証拠を消す

つもりでハンド・バッグを拾うと、二十万円はいっていたわけだった。……金が

目あてではなく、女の魔力に誘われたのだったとすると、金と通帳とは宮子に

送りかえすべきだっただろう。しかし銀平としては返すはずがなかった。銀平が

女を追って歩いたように、その金は魂のあるようなないような生きもので、銀平を

追って歩いた。……銀平があの女のあとをつけたのは、あの女にも銀平に後を

つけられるものがあったのだ。いわば一つの同じ魔界の住人だったのだろう」。

 

「能動者のあって受動者のない快楽は人間にあるだろうか」。

 追う男、追われる女。

 今様に言えばストーカー、ただし明快な動機や目的が示されるわけでもない。

「一度おかした罪悪は人間の後をつけて来て罪悪を重ねさせる。……一度女の後を

つけたことが銀平にまた女の後をつけさせる」。

 銀平がなぜに女を追うといって、それはつまり、彼自身が記憶に追われているからに

他ならない。不細工なまでにねじ込まれる回想、デジャ・ヴュのように反復される体験、

螺旋を巻いてめまいとともに現実と幻想は境を失う。

「幽霊に足がないとは誰が見た象徴かと、……銀平自身の足からして、すでにこの世の

土を踏んでいないのかもしれない」。

 それはあたかも自らの宿命を醜くむくんだ足に刻まれたオイディプスのように。

 

 共犯関係の完成は、れる−られる、その非対称性が反転する瞬間に訪れる。

 この小説に迫真の何かを宿すものといえば、川端康成自身の文学体験、すなわち

谷崎を追うものとしての。「刺青」、「秘密」、『痴人の愛』――そうした小説群と

本作を重ねるな、という方が誰の目にも無理な注文としか私には思えない。

 男−女、見る−見られる、支配−被支配の系譜としての大谷崎をなぞることから

『みずうみ』は生まれた。

 追う男としての康成、その限りにおいて、本作は紛れもない私小説の典型をなす。

スポンサーサイト

  • 2019.09.15 Sunday
  • 22:43
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック