岬の兄妹

  • 2019.04.20 Saturday
  • 21:21

「日本にはかつて『障害者』であることを理由に、体にメスを入れて生殖能力を

奪う法律があった。『不良な子孫の出生を防ぐ』ためと法文で謳い、騙して

不妊手術を行っても良いと国は通知した。

『強制』と『同意』で24991人。

 半世紀近く続いた優生保護法下の被害者総数だ。国は法改定の後も被害を

放置し20年余がすぎた。1人の知的障害の女性が姉に支えられ決断した。

国に対して『NO』と訴える声が上がり始めた」。

 

 1941年生まれの男性Kの場合。

 北海道の農家に養子として引き取られ、当初は大切に育てられたものの、

養父母が実子を授かると一転、Kは疎外感に苛まれる。周囲から「もらい子」と

指差されたことも事態を悪化させた。中学卒業後に就職こそしたが、生活は荒れ、

街で喧嘩に発展することもしばしば。そんなある日、待ち受けていた警察官に

連行された先は精神病院、医師の面談は一度もないまま「精神分裂病」との

診断が下り、強制収容から約一年後、不妊手術が執行された。

 

 女性Sが負った障害は、乳児期の手術で用いられた麻酔の副作用だった。

ところが情報公開請求によって提出された「優生保護台帳」の手術理由には

「遺伝性の疾患」と記載されていた。「優生保護法では、遺伝性でない障害・

疾患による不妊手術は親の同意が必要だが、『遺伝性』の場合、親の同意すら

必要なく医師が申請し都道府県優生保護審査会が認めれば強制的に不妊手術を

行うことができ」た。

 

「取材に応じた人たち[医師や審査委員]は異口同音に『そういう時代だった』

『法に従って進めただけ』と語った。……国家が優生思想に法律というお墨付きを

与えた時、あってはならない人権侵害が『正義』とされ、正当化されていた。

 ユダヤ人のホロコースト(大量虐殺)を行なったナチス幹部アドルフ・アイヒマンの

裁判を傍聴したユダヤ人の哲学者ハンナ・アーレントが、『命令に従っただけだ』と

法廷で繰り返す被告を、『悪の凡庸』と表現したことが思い出される。……不妊手術に

かかわった人たちも、誰もがどこか他人事のように語った。それは、彼らが『人でなし』

だからではなく、いくらその行為が人権侵害だったという説明を受けても、実感を

持てずにいるのだ。実感を持てなくさせたことこそが『国家の罪』だった」。

 おそらくこの批評は半分正しく半分間違っている。つまり、「悪の凡庸」の機能性を

説明するにおいて正しく、この「罪」の主体を「国家」に限定することにおいて誤る。

 いみじくも「実感を持てなくさせ」る。前近代社会における神の最大の機能は、

「悪の凡庸」へと人々を誘うことによる殺人や排除の正当化。そう看破したのは

社会学者E.デュルケームだった。時は流れようとも人間のありようは同じ、神から

例えば「国家」や「法」や「公共の福祉」へとその名をかけ換えたに過ぎない、

近代が未だ世界に来たらぬことを優生保護法とその顛末は証明する。

 支配−被支配。健常者−障害者。決して破れることのない非対称性の中で、

スタンフォード監獄実験よろしく、人はどこまでも残酷になれる。それが歴史。

同一構造に代入されるに過ぎない人名や年号に知るべきものなど何一つない。

 人間に肯定すべき何かを模索する狂気のある限り、愚劣の円環は果てしなく続く。

 

 法の支配なるものは本来において想像力が媒介する両者の入替可能性をベースに

成り立つ。自分たちのルールは自分たちで決める、その精神が民主主義を規定する。

 そもそもの成立要件としての知性、理性を欠いた輩にどうしてこれらを営むことが

できようか。定義すら見出しようもない「健常者」が「健常者」であることさえ

疑わない、疑えない思考停止のサルの群れは決して近代へと辿り着くことができない。

 

 だとすれば何が残るか。

 法律は金で買える。その金を稼げない者は「障害者」として排除する。約束された

低成長とルール・メイクの結果、いくらマイナスをかぶらされてもすべては自己責任。

 拝金主義者のゼロサムゲーム、語るに落ちる新元号、零和の時代の幕が開く、

これまでと何ら変わるところはない。

スポンサーサイト

  • 2019.05.24 Friday
  • 21:21
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック