ドゥームスデイ

  • 2019.05.10 Friday
  • 23:05
評価:
デイヴィッド ピリング,David Pilling
早川書房
¥ 2,268
(2019-03-20)

 自動車の外部性がその必然として殺人を犯す。何を驚くべきことがあろう。

すべてモータリゼーション礼賛者の傾ける同情のいかに安いことか。

 かくなる知的退廃の精算は唯一、死を通じて達成される。

 

「経済成長は今や人々が大切に思うあらゆる物事を代替する指標として崇拝の

対象と化し、私たちはそのためにどんな犠牲もいとわなくなってしまった。

成長の追求のためには、長時間労働に耐え、公共サービスを削減し、格差拡大を

受け入れ、プライバシー権を放棄し、何事もすべて『富を創造する』銀行家たちの

意のままにさせる覚悟が必要だとされている。……無限に増殖することが美徳と

見なされるのは、経済学においてのみだ。生物学では、それは癌と呼ばれている。

……本書が目指しているのは、経済成長に宣戦布告することではない。

そう誤解した人々からは、批判が寄せられるだろう。だが、狙いはむしろ、

経済成長の測定方法のどこが間違っているかを示すことで、それを崇拝の

対象から引きずり下ろすことにある」。

 

 ある研究者に言わせれば、「クズネッツはGDPの創始者からは程遠く、逆に

その最大の論敵であった」。彼にとって、例えば「戦争の準備にかかる費用は、

個人の消費能力の削減につながり、本質的に予防的支出であるために、国民の

幸福度を減少させる役にしか立たない。つまり、もしその種の支出が必要悪で

あるなら、それはプラスではなくマイナスとして計上させるべきなのだ」。

 

「由緒ある大英図書館は、交付された公的資金1ポンドにつき、イギリス経済に

4.40ポンドの付加価値を生みだしていると主張することで、その活動を正当化

していたが、本来はそんな必要を感じるべきではない。……安全な市街地、

良い就職口、清浄な大気、緑地、地域社会の連帯感、安心感、幸福感などは、

それ自体が良いものであり、正当化の必要はない」。

 ここに本書の抱える構造矛盾が凝縮される。「必要はない」ならば、そもそも

この本が書かれる「必要はない」のだから。会話の通じない怪物を相手にする、

それ自体がいかに現代が不毛な時代であるかを証する。サンプリングに基づく

GDPの算出がいかに杜撰なものであるかはもはや承前の通り、それでもなお、

社会は今日もその神話への惑溺をやめようとはしない。「常に懐疑的であれ」と

いくら筆者が訴えようとも、その声を解する能力をそもそも持たない。

 知性の足りないサルのカーニバルに巻き込まれる、この事態をもって人間は

不幸と名指す。

 

 今一度、サイモン・クズネッツ御大にご登場願おう。

「貪欲に支配された社会ではなく、啓蒙された社会哲学の観点から見て、益よりも

害をもたらす要素を総計から除外した国民所得の推定を得ることには大きな価値が

ある。そうした推定は、現在の国民所得の総計から軍備費、広告関連費用の大半、

金融や投機にかかわる出費の大部分を差し引くことになるはずだ」。

 一世紀にわたり黙殺され続けたこの箴言に加えるべきものを本書は持たない。

スポンサーサイト

  • 2019.08.18 Sunday
  • 23:05
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック