なんとなく、クリスタル

  • 2019.05.24 Friday
  • 22:55

「この応接間には一度、二十年ほど前に訪れたことがあるわけだと思つて、

変りやう、荒れ方に驚き、同じ部屋かどうか疑ふほどだつたけれど、たしかに

別の部屋ではない。……古風で地味できちんと整つてゐたたたずまひが、

何か妙に今風に変り、ずいぶん乱雑に散らかつてゐる」。

 インタビュアーが待ちわびるのは、「旧財閥系の大企業の名誉会長であり、

業界の代表的な団体の前々会長」、もっとも企画趣旨は「財界総理」としての

回顧録聴取ではない。テーマは、かつて氏が在米時に出会ったジュリアードの

日本人学生によるクヮルテット、国際的な名声を得た後、やがて空中分解を

余儀なくされた彼らの、パトロンのみが知る内実について。

 

  「棚卸資産とか、余剰キャッシュ・フローとか、株主総会とか、ランチを

  食べながらの商談とか、秋が深む前に年賀状の送り先のリストを用意する

  とか、そんなことをうまくやる雑事の連続に、藝術といふ、あの秩序と陶酔と

  力とをいつしよにもたらす不思議なものと似たやるな喜びを求めるなんて、

  できるはずがない。もし同じやうなことになつたら、今度は藝術の方が迷惑

  するでせう」

  「存在理由がなくなります?」

  「はい」

 

 はい。われわれは今まさに「存在理由」をなくした世界のただ中にいる。

そのことは引用した冒頭の書き出し、荒れ果てた応接間に凝縮される。

 本書が表現するものは、雑に言ってしまえば黄昏時の「藝術」挽歌。

かつて上流階級の誇示的消費として、あるいはクラスをクラスたらしめる

文化資本のハブを託された「藝術」が、やがて消費のパイの拡大に伴い

「大衆化」を迎える。いみじくもその最たる象徴が老紳士とクヮルテット、

「ジャパン・アズ・ナンバー・ワン」の台頭に他ならない。

 

「大衆化」は例えばこんな局面に示される。メンバーのひとりの夫人、M&A

専門にするバンカーの仕事ぶり。

「いつたん狙ひをつけたとなるとすごいらしいですよ。何しろ執念深いから。

まづその社長の好みを調べあげて、DVDでオペラをいくつも見たり、オペラ

ハウスに行つたり、メジャー・リーグの球場へ何度も行つたり」。

 嗜みとはすなわち、階級の差を隠蔽するためのトリガーでしかもはやない。

現代においてクラシックを愛聴するとは、商談の切り口として活用したという

履歴以上の意味をなさない。その模倣の連鎖をもって人は「藝術」と呼ぶ。

 ゆえに本書の主人公は商社マンであらねばならない、慧眼に感服する。

 

 古典とは別の仕方で、ついぞモダンに至れぬ日本人の悲哀を彼らは示す。

「当人にまづ迫つて来たのは、自分の属してゐる共同体への古風な忠誠心

なのかもしれない。村への義理とか、家への義理とかに似た何か。変に

日本的なもの」。

 語り手に言わせれば、こうした「藝術」の対義語とも見える人間関係の綾が

「哀れを心のどこかで敏感に感じ取つて、その分だけ、ああきれいだな、

すばらしいなと喜びが殖えてゆく」効果をもたらす。

 語りはすべからく騙りと変換される。現代の人間は、こうした物語的夢想が

ストーリー・マーケティングの素材へと解消されたことを既に知っている。

 

 何もかもが「存在理由」を失った。

 そんな現実に目を伏せたい輩をマスとして動員するには、例えばセグメントを

薄く広く掬う単位としての抽象的な「愛国」がひとまずはリーズナブル。

 こうして日本も消費者向けに書き換えられた。

 

 すべてコンテンツは経済の語彙をもって記述される。

 本書の片手落ち性は、「藝術」のいわば自己手段化としての日本論にのみ

終始した点に由来する。本来は崩壊メカニズムのもうひとつの回路として、

自己目的化の極北としてのオタクの台頭――購買力を要する以上、理の必然、

その登場はバブル景気を待たざるを得ない――に触れねばならなかった。

ベタはメタとなりネタとなり、そしてオタに殺された。

 ただし、その視座を筆者はそもそも持たない。

 

 一連の古風な仮名づかいが示唆するだろうハイ・カルチャー信仰の残滓として、

自己言及的に本書は小説の、「藝術」の終わりを告げる。

 昭和末期に束の間咲いた花として、テキストはひとことで要約できよう。

 丸谷才一版『なんとなく、クリスタル』。

 あるいはそのせいかもしれない。あるときはニュー・ヨークですき焼きを囲み、

あるときは東京のベッドサイドでルームサービスのサンドイッチをつまむ。

そして例の応接間ではヴィンテージのアモンティリャードをあおる。

スポンサーサイト

  • 2019.09.15 Sunday
  • 22:55
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック