遺書。

  • 2019.05.24 Friday
  • 22:56
評価:
ギャヴィン・フランシス
みすず書房
¥ 3,456
(2018-07-18)

「『エッセイ』ということばは、『試行』や『企図』を意味する語源から来ていて、

本書中の章それぞれに、人体のたったひとつの部分を、あまたあるうちの

たったひとつの視座から探検する企図があります。……医療を仕事にして

きましたが、医師として働くのは、人間が経験することの総覧を見るようです

――毎日のように思い知らされるのです、わたしたち一人ひとりの脆弱さと

強靭さを、祝賀とともにわたしたちが内にたたえる落胆を。クリニックを開業

するのは、患者さんの身体といっしょに人生の風景を眺める、冒険旅行に

出かけるのになぞらえられるかもしれません。よく知っている地形に見えても、

往々にして分け入った小道が開けて、日々、新たなパノラマをのぞくことに

なるのです。臨床医学とは、たんに患部と患者の話にまつわる旅である

だけではなく、人生の可能性の探検行でもあるのです。人間を冒険する

ことなのです」。

 

 本書の叙述は、医学的な知見や古典からの引用と筆者が実際に立ち会った

エピソードを組み合わせる仕方で進められる。言ってしまえば、他人の身体で

起きた他人事の極み。なのにこの医療版『風景と記憶』、不思議とわがことへと

引き寄せられる。もっとも冷静に考えれば当然のことか、生殖器はともかくも、

基本的に各人が備えるパーツをめぐる話なのだから。凍りつく。例えば「顔」。

「顔の筋肉の発達ぶりが、それぞれの生前のありようをどこかしら示している。

いちばん違いが現れるのは大頬骨筋と小頬骨筋、つまり口角を引っぱって

笑顔をつくる筋肉。頬骨筋が分厚くて輪郭もはっきりしていると、笑いの絶えない

人生だったのが伝わってくる。しぼんでいて紐状になっていると、つらい年月を

送ったのだろう。……著しく発達した皺眉筋は、絶え間のない怒りでしかめた眉

……前頭筋は、恐怖や動揺で眉を上げるのに使う筋肉で、よく額にできるしわ、

いわゆる五線譜の原因でもある。……口角下制筋は、口角から下に伸びていて、

口をとがらせて不満顔をするのに使う。顔をしかめるのに使う筋肉は発達しすぎて、

顔つき全体が暗くなってしまった献体も、一度ならず見たことがある」。

 

 熱を帯びた遺灰が一目で判る仕方で祖母であると証するものがあるとすれば

それは骨折に際して埋め込まれた人工股関節だった。

「火葬場でご遺族は、故人のからだの金属部分を返してもらいたいか、再生利用を

望むかを訊かれる」。

 数年前にそんなことを問われたことがあった、もっとも選択肢は骨壺に収めるか、

斎場で引き取るか、だったけれど。なぜかスタッフが私を見る。土に還らぬものを

入れても仕方ないからと処分を依頼した。

 その後のことなど、本書を読むまで想像だにしなかった。

「人工の腰や膝や肩には、合金のなかでも最高性能のものが使われていることが

ある。チタンとクロムとコバルトの合金は、高齢者を晩年まで動きやすいからだにして

自立させてくれたあとは、火葬場で集められ、溶かされ、精密部品に変えられて、

人工衛星や風力タービンや飛行機のエンジンの機構になる」。

 

  骨埋める場所なんて いらないわ

スポンサーサイト

  • 2019.05.31 Friday
  • 22:56
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM