菊とギロチン

  • 2019.07.03 Wednesday
  • 22:07
評価:
ジグムント バウマン
筑摩書房
¥ 1,188
(2017-12-07)

「わたしたちはコミュニティがないと、安心して暮らすことができない。安心は、

幸福な生活を送るのになくてはならないものである。しかし、わたしたちが

現に住んでいる世界では、ますます提供が難しく、保証をためらうものとなっている。

コミュニティは、杳として行方が知れず、わたしたちの手からするりと逃げていって

しまうか、ばらばらに壊れたままである。というのも、今日の世界では、不安のない

生活という夢の実現のために努力するようわたしたちを駆り立てるが、そういう

やり方では目標の実現に近づくことはできないからである。努力すればするほど、

不安は和らげられるどころか高まるばかりで、その結果わたしたちは、夢見ては、

トライし、しくじり続けるのである」。

 

「『コミュニティがまさに壊れるときに、アイデンティティが生まれる』。……すなわち

それは、『生まれながらの故郷』と〔人々の間で〕伝えられるものの代用品であり、

外の風はいかに冷たかろうとも温かさを保つサークルの代用品なのである。これらは

二つとも、急速に民営化され、個別化されるとともに、急激にグローバル化する

世界のなかで、手に入らないものである。手に入らないからこそ安心して、実用に

耐えるかどうかを気にするまでもなく、安全で信頼できる、居心地のよい避難所として

想像されるし、またそれゆえ熱望されるのである」。

 

「剥奪に関する不満は、かつては、さまざまなカテゴリーの人々が自分たちのことを

不平等な状態にあると思っているという理由だけではほとんど生じなかった

(それにしても、人類史の大半において反乱が相対的に少ないということは、一つの

ミステリーである)。外部の観察者の目にはいかに不幸で悲惨で不快に映る低い

生活水準であっても、それが長い間そのまま続き、被害者にとって『自然な』状態と

なった場合には、原則として従順に受け入れられ、いかなる反抗も呼び起こさなかった。

貧困者や無産者は、自身の生活のひどさに対してというよりも『締めつけが強くなる

こと』に対して反抗した。……要するに、不快な状態にではなく、慣れて耐えられる

までになった状態が急激に変化することに対して、反抗したのである」。

 

 災害であっても、「共同の行為の価値の低下を阻止したり、その失われた

価値をいくらかでも回復したりすることにいささかも寄与しない。というのも、

どう想像力をめぐらしても、協力の決意を固めることでこのような災害から

逃れられると思い描くことはできないからである」。

 

「貧しい者同士が戦うことほど、豊かな者にとって喜ぶべきことはない。受難者たちが

協定を結んで、自分たちの苦境を生みだしている原因と向き合う可能性がずっと

遠のくためばかりではない。……今日、豊かな者が喜ぶのには、特別な理由がある。

その理由は、グローバルな権力ヒエラルキーのもつ新たな特性に固有のものである。

すでに指摘したように、この新しいヒエラルキーは、撤退の戦略によって維持されて

いるが、この撤退の戦略はと言えば、新しいグローバルな実力者が容易かつ迅速に

移動できるかどうかにかかっている。その際グローバルな実力者は、意のままに、

気づかいなく地域への関与を断つとともに、瓦礫の撤去というイヤな仕事を、

『地域住民』をはじめるとする取り残された人々に押しつけて去るのである。エリートが

自由に移動できるのは、おおかた、地域住民が団結して行動できないことや、

進んでそうしないことのおかげである。地域住民の団結が粉々に砕かれ、かれらが

分かれて属する集団がもろく細かくなればなるほど、憤りは同じく無力な隣人たちとの

戦いに費やされ、団結して行動できる可能性は小さくなる」。

 

 現代日本の定点観測として、そのいちいちが精緻に刺さる。

 そして驚くべきことに、原著の出版が2001年、バウマンの他界は2017年。

 この預言の書に刻まれた微かな希望を拾い集める。

「安心は、異文化間で対話が行われるのに必要な条件である。それなしで、

コミュニティが互いに心を開くことも、対話に乗り出すことも、まずない。対話は、

一つ一つのコミュニティを豊かにするとともに、コミュニティの枠を越えて人間性の

共有をうながす。かくして安心があれば、人類の前途は明るいものとなる」。

 コミュニティが途絶した世界のなかで、「わたしたちは、システムの矛盾に対して、

〔自分の人生経験のなかから〕伝記的な解決策を探しだすよう求められている。

わたしたちは、他者と困難を共有しながらも、自分一人の救済策を探すことになる」。

ただしバウマンは直後に釘を刺す。「この方策は、わたしたちが求めているものを

もたらしそうもない。というのもそれは、不安の根源には手をつけずにおくからである。

さらに言えば、この個人的な機知や技量への後退こそがまさに、わたしたちが

逃れたいと願う不安を世界に注入しているのである」。

 統計偽装をいかに言い立てようとも、「わたし」の給与明細や預金残高の

何が変わることもない。「わたし」の問題はことごとく自己責任として能動的に

引き受けられる。「わたしたち」がもはや失われたからこそ、「個人的な機知や

技量」のほかにもはや道を求めることができない。その「わたし」の連鎖の先に

まだ見ぬ「わたしたち」を作る。MeTooよろしく「わたし」の問題を伝えるべき

「わたしたち」がもはやない、もしくははじめからない、のだから、「わたし」は

話の通じる別の「わたし」を見つけるしかない。至ってロジカルに説明可能で、

そして行き着く先は破綻を極める全体主義の狂気に抗うに、この隘路の他に

希望の種がどこに転がっているだろう。

スポンサーサイト

  • 2019.09.27 Friday
  • 22:07
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック