「悔い改めよ。天の国は近づいた」

  • 2019.08.18 Sunday
  • 20:59

「運命は抗し難い力で私の背中をぐいぐい押した。理性は何度もやめろといい、

冷静な判断は家に帰るべきだと告げていたが、私はどうしてもその声に従うことが

出来なかった。私を突き動かした力、それを何と呼ぶべきか私にはわからない。

破滅へとわれわれを駆り立てる力――目の前にあるものが破滅だと承知しつつも、

そこへ飛びこんで行けと人を促す人智を超えた力――、そうした力が私に

作用していたのだと主張するつもりはない。けれども私は、何らかの不幸な運命が

私には逃れ難く課せられていて、それゆえ、落ち着いて理性を働かせ、熟慮の末に

下した判断や確信に逆らってまで突進した。そう考えざるをえない」。

 そうして「私」ロビンソン・クルーソーはアフリカを経由してブラジルへと渡る。

農園の経営者として半ば約束された成功、しかし彼はここでも「突進」を選ぶ。

奴隷を求めて漕ぎ出した船は洋上で座礁、打ち上げられた彼は命からがら

ひとり小島に辿り着く。

 

「無垢で正しい人で、神を畏れ、悪を避けて生きていた」ヨブをめぐって、

サタンは神を挑発する。悪辣の限りにさらされれば、お気に入りといえども

必ずや神へと呪詛を示すに違いない、と。神はまんまとその誘いに乗る。

「それでは、彼をお前のいいようにするがよい。ただし、命だけは奪うな」。

 艱難辛苦の末、ついにヨブは神への恨みを口走る。

 

 あたかも『ヨブ記』とロビンソンは対照的とも見える軌跡を辿る。

 孤島にひとり残された。地震にも襲われた。そして病で死線をさまよう中で、

彼は父のことばを思い出し、ついに神への信仰に覚醒する。「私の災難は、

神の思し召しであり、こんな惨めな思いをしているのも神の定めなのだ」。

 教会もない、牧師も神父もいない、ただし悔い改めた彼には聖書があった。

 

 大航海時代に「荒野の誘惑」を重ね合わせ、「聖書のみsola scriptura」の教義を

小説の形式であらわす、たぶんデフォーの意図というのはそんなところなのだろう。

 しかし、今日の眼差しから改めてこの小説を眺めるときに、そのキリスト教文化が

異なる表象を帯びて観察されることに気づく。

 座礁した船からアイテムや食料を確保する。

「パンや米、オランダ産チーズ三個、干したヤギの肉五切れ……ヨーロッパ産の

穀物の残り……飲み物は、船長の所持品であった酒瓶の木箱があり、中には

強壮飲料や、全部で五、六ガロンものアラック酒が詰まっていた」。

「次に必要なものは弾薬と武器だった。船長室には上等の鳥撃ち銃が二挺と

拳銃が二挺あったので、火薬入れや弾丸を入れる小袋、古い錆びた剣二本と

ともに、ありがたく頂戴することにした。それから火薬が入った樽が三つばかし」。

「船にはまだいろいろなものがあったので、それらを持ってくれば大いに役立つ

だろうと思った。特に、索具や帆、それから他にも持ち帰れそうなものはいろいろ

あった。……大小の釘が入った小袋、特大のねじジャッキ。一、二ダースの

手斧などである。一番の掘り出し物は砥石であった。……それから、砲手の

持ち物もいくつか入手した。二、三本のバール、マスケット銃七挺、二樽分の

マスケット銃弾、鳥撃ち銃一挺、若干量の火薬、小弾を入れた大袋、鉛板

一巻きなどである」。

 奇しくもこの作家の誕生と前後して、かのクロムウェル・ファミリーの指揮の下、

今日国家と呼ばれる概念に与えられていた語はcommonwealth

 孤独な彼は、決してプリミティヴな世界へと帰還せず、文明の記憶と暮らす。

彼に課せられたミッションとは、与えられた状況下、限られた道具立てをもって

いつか戻るべき祖国の似姿をいかにして再現するかに他ならない。

 異国情緒に身を委ねつつも、あくまで大英帝国民としてのあり方に固執する、

消費カタログとしての冒険譚、何かに似ていると思い、間もなく気づく。

 小説にせよ、映画にせよ、つまり『007』シリーズそのもの、ただし女のいない。

 

 一度知恵の実を味を知ったアダムは、もはやエデンに戻ることはできない。

 その子孫たる読者は、神への限りなき恭順にかこつけたこの現世の勝利宣言に

拍手を送る以外に何ができるだろう。

スポンサーサイト

  • 2019.09.15 Sunday
  • 20:59
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック