ジョーカー

  • 2019.09.12 Thursday
  • 22:13

 まなぶはまねぶ。 

 歴史を学ぶ意義とは、同じことしか起きない世界の退屈さを知ることにある。

 ただしそれは、その枝分かれの先を予知するための技術でもある。

 

「あの時代、どこもかしこも暗闇だった。慈悲の門はすべて閉ざされ、開かれた扉は

天にも地にもないように思われた。殺しを行なう者、死んでいくユダヤ人。そのとき

外の世界は、迫害に加担するか、無関心になるかだった。しかし、わずかながら、

思いやる勇気をもった人びとがいた。

 この一握りの人たちは、力があったわけでも、後ろ盾があったわけでも、恐怖心が

なかったわけでもない。それなのになぜ、他の人びとと違うことをしたのか。なぜ、

危険や苦悩はもとより、死の危険さえかえりみず、人としての道を選んだのか。なぜ、

自分の命を危険にさらしてまで、ユダヤの子ども一人、母親一人を救おうとしたのか。

 これら一握りの人たちに、われわれは深い尊敬と驚異の念を覚える。そして、数々の

疑問がわく。なぜ、もっといなかったのか。悪に反対することは、それほど覚悟の要る

ことだったのか。ほかの人は本当に助けることができなかったのか。組織的、系統的、

合法的な残虐行為、殺人行為に抵抗して、犠牲者を、たった一人の犠牲者を気遣う

こともできなかったのか。忘れるまい。犠牲者をもっとも傷つけるのは、抑圧者の

残虐行為ではなく、傍観者の沈黙だということを」。

 

 この証言録が伝えるメッセージは驚くほど単純だ。

「そこに、人間らしい人がいなかったら、あなたがその人になりなさい」。

「人を職業や宗教で判断しないで、人となりで、人間としてどういう人かで、

判断しなさい」。

「少なくともここでできることをする、何かする、何か手伝う」。

 そしてただちに理解される、こんなことさえも自明でなくなってしまった時代を、

本書の復刊を必要とするような時代を、今まさに生きているのだということを。

 黒人が黒人だというだけで白人警官に銃殺される。ムスリームだというだけで

ローン・ウルフの標的にされる。雇用の調整弁として散々こき使われてきたのに、

不法入国という絶好の口実をもって親子が引き離される。「10人に1人は要治療」が

たとえ真実だとしても、そのことが国籍のみを理由に残りの9人を巻き添えにして

構わないという理由にはならない。当然、国籍は暴行の正当化事由にはならない。

 歴史の相から覗けば明らかに、予兆を告げるカナリアの段階は既に通り過ぎた。

世界の底が抜けているという事実は、ただし自身がレイシストの列に加わることを

いかなる仕方においても肯定しない。

スポンサーサイト

  • 2019.09.27 Friday
  • 22:13
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック