スポンサーサイト

  • 2020.05.10 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    It's gone

    • 2020.02.08 Saturday
    • 22:32
    評価:
    堀田 典裕
    名古屋大学出版会
    ¥ 5,280
    (2018-05-30)

    「本書のタイトルにある〈モータウン〉は、一般的には、20世紀に自動車を

    製造する都市を表す言葉であるが、ここでは、自動車の存在とその交通

    システムによって創り出された環境もまた、このように呼ぶことにしたい。

    すなわち本書は、20世紀後半の環境を『クルマの、クルマによる、クルマの

    ためのマチ』、言い換えれば『クルマとともにあるマチ』として捉え直し、

    そのデザインを通覧することによって、家具・建築・都市・造園・土木からなる

    諸分野を横断し、現代社会における持続可能な発展を目指すための

    環境デザインの可能性を問い直そうとするものである」。

     

     その賛否はどうあれ、巨人ジェイン・ジェイコブズをめぐるサブテキストと

    決め込んで手に取ったものの、早々に様子が違う。

     群馬は富士重工のお膝元、太田の自動車工場群はそもそもが戦時下の

    軍需産業からの転用、日産の座間や村山は「防空空地」のコンバート、

    追浜の場合は海軍からの払い下げ、とことごとくが戦後社会の構造転換、

    「平和的再利用」を示唆してやまない。この掴みで気づかされる、

    本書は一介のモータリゼーションではない、戦後日本の風土史なのだ、と。

     建築、といっても本書は定番の郊外化を主題とはしない。車体づくりの

    各種ノウハウがスピンオフしてプレハブ工法へと持ち込まれた、そんな建築。

    そもそもが「個」なる空間概念の導入を促したのが、巷間語られるソニーの

    ウォークマン以前にマイカーだったとしたならば――いかにもざわめく。

     

     頻出する名前を挙げれば、丹下健三、黒川紀章、坂倉準三といった、

    近現代都市史ではごくごくおなじみの面々が並ぶ。たぶん従前の議論と

    比べても、そこまで手薄なニッチばかりを掘っているわけでもないだろう。

     でも、本書のバイアスがその見え方を少しだけ変える。

     

     そして何より本書を特徴づけるのは、フェティシズムにも似て、

    どこか無機質ですらあるカタログ性。ガソリンスタンドやディーラー、

    「消費環境」といった〈モータウン〉のサンプルが、とにかくひたすら

    書き連ねられていく。カラーグラフもなく、解像度に秀でるでもない、

    回顧でもなく、懐古でもなく、あからさまな意図が見えてこないことが、

    かえって対象をあからさまに現前化させる。

     ポスト・モダニズム、ポスト・フォーディズムの一回答を垣間見る。

    スポンサーサイト

    • 2020.05.10 Sunday
    • 22:32
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする