スポンサーサイト

  • 2020.05.10 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    Make America Great Again

    • 2020.02.08 Saturday
    • 22:39
    評価:
    スティーヴ エリクソン
    筑摩書房
    ¥ 1,540
    (2015-10-07)

     主人公ザン(アレギザンダー)は小説家、とはいっても最後の発表からは

    既に10年以上が経過している。リビングのテレビが映し出すのは、合衆国

    史上初の有色大統領の誕生。膝の上に座るのは人類のルーツ、エチオピアから

    引き受けた養女シバ、ご贔屓の白人対立候補が敗北したことにどこか不機嫌。

     ザンは記憶を呼び起こす。それは彼がまだ学生だったころのこと、

    democracydemocrazyに変わった刹那、候補者に熱狂する人ごみに

    押しつぶされかけた彼の手を黒い腕がさっと掴み、そして救い出す。

    褐色の若い女の眼差し、瞳のグレーを彼は瞬間焼きつける。

     

     政権交代を引き起こす契機となった金融崩壊は、ザンの家計にも重篤な

    影響を及ぼす。月額2800ドルの住宅ローン返済は6500ドルにまで膨らみ、

    どころか糊口をしのぐ大学非常勤講師の職すらも失うことになりそうだ。

     そんな危機を知ってか知らずか、妻ヴィヴの元恋人からイギリスの大学での

    集中講義の依頼が届く。主題は「衰退に直面する文学形式としての小説」。

    報酬3500ポンド、焼け石に水、でも彼は息子と娘を連れて英国へと向かう。

     妻はといえば、エチオピアへと旅立った。目的はシバの母の足跡を追うこと。

    合流の約束も虚しく、彼女は間もなく消息を絶つ。

     彼のもとにシッターとしてモリー、『ユリシーズ』のヒロインと同じ名前、

    シバと同じルーツ、が現れ、そして間もなくシバを連れて姿をくらます。

     

    「エチオピアが独自の時間帯を発明したというのではなく、エチオピアの

    時間帯がオリジナルな時間、つまり、他の時間帯がそれを参照して時間を

    決めるような時間なのだ。シバは、ロサンジェルスにやってきて数週間の

    うちに英語をマスターしたが、一年以上たっても、時間の概念は彼女の

    頭に入らなかった。時間に関する用語を理解しないのだ。『明日、みんなで

    公園に行くよ』と、ザンが言う。

    『オーケー』と、シバが言い、数分後には、『パピー、行こう』と言うのだ」。

     本作はすべてこのルールに従って書き進められる。

     あるいはそれは村上春樹の『ねじまき鳥クロニクル』を想起させる。

     時の流れや因果さえもがしばしば脱臼を来したまま、例の未来学とやらが

    言うように、無数の選択肢の枝分かれが編み込まれ、綾をなし、あまりに

    ご都合主義的な結びつけを経つつも、やがてとある「名前」へと収束する。

    一見、無時間的な仕方で撚られる糸は、それでもなお歴史に縛られることを、

    あるいは歴史を縛ることを片時もやめない。

     

    「一人じゃ、何も変えられない。少なくとも、私には無理だ。私は偶然に

    生まれた子にすぎない。だが、偉大でない人間でも、偉大なことをしようと

    試みなければならないときもある。……私は自分が怖いと思うことをします。

    なぜなら誰かが何かの一部を変えることはできるし、そうした何かの一部が

    別の一部を変え、やがて湖のさざなみが水辺まで届くのだと思うからです」。

    「変える」ことを放棄して、このうんざりするような世界を「変え」てくれる

    誰かを求めれば、その「さざなみ」からファシストは生まれる。

     ファシストが世界を壊すわけではない。

     壊れた世界だからこそ、ファシストが現れる。

     

     この小説が幕を下ろし、それに代わり読みはじめたテキストの冒頭から

    安部公房『第四間氷期』を重引する。

    「残酷な未来、というものがあるのではない。未来は、それが未来だという

    ことで、すでに本来的に残酷なのである。その残酷さの責任は、未来にある

    のではなく、むしろ断絶を肯んじようとしない現在の側にあるのだろう」。

    『きみを夢みて』の要約として、たぶんそう遠からぬところにある。

     この符合、果たして偶然か。

    スポンサーサイト

    • 2020.05.10 Sunday
    • 22:39
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする