かんこれ

  • 2020.02.21 Friday
  • 22:25

「和歌とは、人の心を起源として、さまざまな言葉になったもの――貫之は歌の

成り立ちを『こころ』と『ことば』という二つのタームによって説明しようと

しました。本書でも、貫之の言う『こころ』と『ことば』を、『古今集』の歌に

ついて考えるための一対のキーワードとして、この二つを関連させながら、

『古今集』の魅力を解き明かしていきたいと思います。

〈型〉は、私が選んだキーワードです。『古今集』を読むときに、現代の私たちが

当惑を感じることの一つに、同じような表現、発想に基づいた歌が延々とつづいて

いることが挙げられるでしょう。たとえば、『梅』の枝に止まっているのは

必ず『鶯』ですし、暦の上で夏が訪れると人々はこぞって『時鳥』を待つ気持ちに

なってしまう。そうしたことが、実に似通った言いまわしによって歌われています。

つまり『古今集』の歌には――これは古典和歌と言い換えてもよいのですが――

『こころ』においても『ことば』においても、個人の創作の前提となる共通の

〈型〉が厳然として存在しているのです」。

 

 桜といえばとりあえずはかない。晩春が訪れれば、藤の花の散りゆくさまと

松の常盤の対照を見立てる。七夕が来れば逢瀬について一通り嘆く。

宮廷の歌会ともなれば、やんごとなき人には無条件にやんごとなき人として

長寿と繁栄の祈りを捧げる。「あしひきの」や「むば玉の」をはじめとした

枕詞の形容表現としての妥当性など片時たりとも疑われようはずがない。

 嫌がらせをサービスと言い換えるがごとき婉曲表現の技法に従って、

人は一連の定型文を指して普遍性などと軽々しくも呼称してはばからない。

そして真相はおそらく違う。「こころ」は〈型〉に先行しない、否それどころか、

「こころ」を措定すべき論拠すらない。クリシェを想起することでしか、

およそ感受性などというものは作動しようがない。桜がはかないわけではない、

はかないものとしてインストールされたテンプレ処理でしか桜を知覚できない。

散る花は決して雪に似ない。ただ〈型〉に踏襲すべきコードがあるだけ。

 誰も桜など見ていない。

 

『万葉集』に詠まれた百首強の梅の歌のうち、香りについて言及したのは

わずか一首。対して『古今集』においては十七のうちの実に十三首もが

香りを主題として取り上げる。

 まさかこの間に、動物的な進化が嗅覚を研ぎ澄ましたはずはない。

筆者は「薫香の文化が貴族社会に広がったこと」をその要因に挙げる。

 誰かが〈型〉を作ったわけではない。コンテクストが〈型〉を作る。

 あとはその発見を待つだけだ。

 

 サンチョ・パンサを従えたドン・キホーテは決して遍歴の騎士ではあれない。

農夫の手による注釈は、英雄を瞬時に道化へと上書きする。

 本書の成功は、キュレーターとしての紀貫之を強調することで、図らずも

『古今和歌集』の〈型〉を浮上させた点にある。よみ人の三十一文字が

いかなる美を湛えようともそれが何を指し示し得ようか。受け手を持つことで

唯一、〈型〉は〈型〉として実在を得ることができる。さもなくば、知られざる

傑作は知られざる傑作のまま、後世に継がれる資格を喪失する。

 そして〈型〉によって見出されるだろう、「ことば」をめぐる相互作用の

現実はまこと残酷、すなわち、人間が交わし得る情報交換に、哀れなほどに

陳腐で退屈なクリシェを超えるものなど決して含まれることがない。

 そのファクトを知ることにこそ、現代にあえて古典と交わるべき理由がある。

 仮に国民文学なるものが可能だとすれば、凡庸をもってその唯一の要件とする。

スポンサーサイト

  • 2020.03.22 Sunday
  • 22:25
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする