スポンサーサイト

  • 2020.05.10 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    荷風を待ちわびて

    • 2020.02.29 Saturday
    • 21:39
    評価:
    永井 荷風
    中央公論新社
    ¥ 1,100
    (2019-03-20)

     この度の散歩を立ち上げるにあたって、始点はまずこの一枚から。

     見ての通り工事中のため立ち入れず、表紙の画角に寄せることあたわず。

    早くも出端は挫かれた。

     

     上流へしばらく遡ると、小さな分岐に出くわす。

    「市川の町に来てから折々の散歩に、わたくしは図らず江戸川の水が国府台の

    麓の水門から導かれて、深く町中に流込んでいるのを見た。それ以来、この流の

    いずこを過ぎて、いずこに行くものか、その道筋を見きわめたい心になっていた。

     これは子供の時から覚え始めた奇癖である。何処ということなく、道を歩いて

    不図小流れに会えば、何のわけとも知らずその源委がたずねて見たくなるのだ。

    来年は七十だというのにこの癖はまだ消え去れず、事に会えば忽ち再発するらしい。

    雀百まで躍るとかいう諺も思合されて笑うべきかぎりである」。

     

    「真間の町は東に行くに従って人家は少く松林が多くなり、地勢は次第に

    卑湿となるにつれて田と畠とがつづきはじめる。丘阜に接するあたりの村は

    諏訪田とよばれ、町に近いあたりは菅野と呼ばれている。真間川の水は

    菅野から諏訪田につづく水田の間を流れるようになると、ここに初て夏は河骨、

    秋には蘆の花を見る全くの野川になっている。堤の上を歩むものも鍬か草籠を

    かついだ人ばかり。朽ちた丸木橋の下では手拭いを冠った女達がその時々の

    野菜を洗って車に積んでいる。たまには人が釣をしている。稲の播かれるころには

    殊に多く白鷺が群れをなして、耕された田の中を歩いている」。 

     

    「真間川の水は絶えず東へ東へと流れ、八幡から宮久保という村へとつづく

    稍広い道路を貫くと、やがて中山の方から流れてくる水と合して、この辺では

    珍しいほど堅固に見える石づくりの堰に遮られて、雨の降って来るような水音を

    立てている」。

    「猶いくことしばらくにして川の流れは京成電車の線路を横切るに際して、

    橋と松林と小商いする人家との配置によって水彩画様の風景をつくっている」。

    「わたくしは突然セメントで築き上げた、しかも欄干さえついているものに

    行き会ったので、驚いて見れば『やなぎばし』としてあった。真直に中山の町の

    方から来る道路があって、轍の跡が深く掘り込まれている。子供の手を引いて

    歩いてくる女連の着物の色と、子供の持っている赤い風船の色とが、冬枯れした

    荒涼たる水田の中に著しく目立って綺麗に見える。小春の日和をよろこび

    法華経寺にお参りした人達が柳橋を目あてに、右手に近く見える村の方へと

    帰って行くのであろう」

    「わたくしは遂に海を見ず、その日は腑甲斐なく踵をかえした」。

     

     確かにそこには水田も松林もない。遠くを望む視線は訳もなく低層住宅によって

    遮られる。川沿いのベッドタウンでさえあれば、同様の写真はいくらでも集まろう。

    かくして昭和二十二年の荷風を訪ねた令和二年うるう日の旅はめでたく不首尾に

    終わった、かに見える。

     違う。まさにこの現象こそが、散歩者と荷風を束の間同期化させる。

    「市川の町を歩いている時、わたくしは折々四五十年前、電車も自動車も走って

    いなかったころの東京の町を思出すことがある」。

    「葛飾土産」において荷風がひもとく場面は、そのすべてが彼の愛した東京の

    田園の残滓に他ならない。過日の記憶にしばし揺蕩う。彼がここに記したものは

    決して眼下の情景でも声でもない。不意に時間が現前する。

     だからこそ、この随筆は読むに足る。本書巻末に付された石川淳の追悼文、

    まるでいしかわじゅんの手によるような酷評にあって、「葛飾土産」のみを

    「風雅なお亡びず、高興もっともよろこぶべし」と戦後ただ一点の例外的な

    称賛へと導いたものは、まさにこのマドレーヌ性、朽ち果てた老境にあって

    失われた時が不意に見出されたからに他ならない。それは決して陳腐な比喩、

    燃えさしのロウソクには似ない。

     

     Camera don't lie、ダニエル・パウターの言うことには

     カメラが空振るほどに、歩みは荷風へ近づいていく。

    スポンサーサイト

    • 2020.05.10 Sunday
    • 21:39
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする