スポンサーサイト

  • 2020.05.10 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    お前はもう死んでいる

    • 2020.04.26 Sunday
    • 19:49

    「安全のためならばと自由を差し出すことを望む者は、そのいずれをも

    得ることはないし、またそれらにも値しない」。

     ベンジャミン・フランクリンの箴言を今一度確かめる。

     ただしその自由は、気ままに出歩く放縦を意味しない、自らの理性において

    ディシプリンの順守を志向する、その選択倫理を含意する。

     

    ビッグ・ブラザーがあなたを見ている」。

     なるほど、テレスクリーンを通じて、「自分の立てる物音はすべて盗聴され、

    暗闇のなかにいるのでもない限り、一挙手一投足にいたるまで精査されていると

    想定して暮らさねばならなかった」。

     しかし幸運にも、その男ウィンストン・スミスは自らの住居に死角を見つける。

    抽斗から一冊の本をそっと取り出す。

    「格別美しい本だった。滑らかなクリーム色の紙は歳月を経て少し黄ばんでいたが、

    少なくとも過去四十年のあいだに造られた類の品ではない。それどころかもっとずっと

    古いものであることくらい、彼にも察しがついた。……彼のやろうとしていること、

    それは日記を始めることだった。違法行為ではなかったが(もはや法律が一切

    なくなっているので、何事も違法ではなかった)、しかしもしその行為が発覚すれば、

    死刑か最低二十五年の強制労働収容所送りになることはまず間違いない」。

     行為にはきっかけがある。勤務する真理省における、ラジオ体操のごとき日課、

    〈二分間憎悪〉の最中、不意に上官と目が合う。「二人の心が扉を開き、双方の

    考えが目を通して互いのなかに流れ込んでいるみたいだった。『君と一緒だ』

    オブライエンがそう語りかけているように思われた。……恩恵と言えば、

    そのおかげで、彼の心のなかで自分以外にも党の敵がいると言う信念もしくは

    希望が死なずにすむことくらい」、しかし彼に日記を決意させるには十分だった。

     

     人間は「全体として意志薄弱で臆病な生物であって、自由に耐えることも真実と

    向かい合うこともできないから、自分よりも強い他者によって支配され、組織的に

    瞞着されなければならない」。

     今日の世界情勢を寸分違わず言い当てた1949年のこの洞察、とはいえ、

    少なくとも身近から人が次々と消えていることはない。秘密警察的な何かによる

    非人道的な拷問もそう遍いているわけでもなさそうだ。日記を綴る自由とてある。

     しかしそれでもなお、現代の置かれた社会状況はある面では、G.オーウェルの

    ディストピアよりもよほど劣悪な方向へと進化の舵を切ってしまった。

     2020年は、真理省などという無用の長物を必要とはしなかった。何もかもが

    単純化されたリアル・ニュースピークの普及にあたって、政府や官僚機構の誰が

    強要したわけでもない。140字のtwitterをその頂に、どう見ても長文を想定しない

    FacebookにせよLINEにせよ、SNSプラットフォームのいずれもが、他ならぬ

    市場によって選好された。テレスクリーンのインフラコストの壁は、スマホによって

    訳もなく乗り越えられた。各人の趣味嗜好など検索や閲覧の履歴をセグメントで

    紐づけすれば事足りる。それ以前に、電子マネーやクレジットで捕捉可能な

    消費データを超えて収集すべき個人情報などはじめから市場にありやしない。

    センセーショナルであればあるほどにアクセス数を、つまりは広告料収入を稼げる

    フェイクニュースの流布とて同じく市場の選好だ。「過去をコントロールするものは

    未来をコントロールし、現在をコントロールするものは過去をコントロールする」、

    オーウェルの読みとは裏腹に、歴史修正主義はいかなる権力の介在をも要さない。

    公文書改竄などもとより徒労でしかない、なぜなら市場はそんなことに関心を

    示さないのだから。市場は常に見たいものだけを見る、見たくないものは見ない。

     誰がコントロールしているわけでもない、市場の選好に最適化したただ乗り屋が

    ファシスト的な振る舞いをもって祝福される。痛々しいほどに〈二分間憎悪〉を

    体現する抵抗勢力は、怒りや不安を煽るだけの補完勢力でしかあれない。

    市場にコントロールされる存在でしかない入替可能な顔と名前を指さすことに

    果たしていかなる意義があるだろう。

     

     そして皮肉にも、本書は終盤に至ってその極限のユートピア性を獲得する。

    ウィンストンはとある者と対峙し、延々と議論を交わす。言い換えれば、彼らには

    共通の言語がある。ただしポスト・トゥルースの断絶にそんなものはない。

     翻って、そこに辛うじての希望を見る。なぜ本書が読まれなければならないのか、

    いや、テキストなるものが読まれなければならないのか。単純化された言語は

    単純化された人間を作り出す。そのために、140字ではまとめ切れるはずもない

    複雑な言語を身につけなければならない。奇しくもウィンストンが日記を志すように、

    自らの記憶を守るために、複雑な言語を通じて記録する。誰とつながるかではなく、

    その前に、つながるに値する正気を保持するために本を読む、文字を書く。

     

     本書においても提示されるだろう、ソーニャ的、車寅次郎的、無知ゆえに無垢、

    そうした幻想はいい加減捨て去らねばならない。自らを疑うことを知らぬバカなど

    クズの同義語をいかなる仕方においても決して出ることがない。

     すべて成功は合理性に、失敗は人間性に由来する。人間性の定義は唯一、

    繰り返され続ける失敗の説明関数としてのみ規定される。

     

     歴史を参照すれば、コミュニケーションの具としての言語などとうに用を終えた。

    すべてのコミュニケーションはボットで書ける。ソーシャルであることの一切に

    コンピュータの計算可能性を超えるものなどもはやないのだから。

     ニュースピークな人間にならない、「自由とは二足す二が四であると言える自由」、

    その自由を己に向けて語りかけるために言語はある。

     そしてその先にはもしかしたら続きがある、オーウェルの言うことには。

    「もし万人が等しく余暇と安定を享受できるなら、普通であれば貧困のせいで

    麻痺状態に置かれている人口の大多数を占める大衆が、読み書きを習得し、自分で

    考えることを学ぶようになるだろう。そうなってしまえば、彼らは遅かれ早かれ、

    少数の特権階級が何の機能も果たしていないことを悟り、そうした階級を速やかに

    廃止してしまうだろう。結局のところ、階級社会は、貧困と無知を基盤にしない限り、

    成立しえないのだ」。

    スポンサーサイト

    • 2020.05.10 Sunday
    • 19:49
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする