ペラペラ

  • 2017.03.19 Sunday
  • 20:50

 本書の原題は、The Paper Trail: An Expected History of Revolutionary Invention

 

「本書で描くのは、世界のあらゆる場所で歴史を動かし、時代を変える大事件や民衆

運動の“パイプ役”を果たしてきた、なめらかでしなやかな物質の物語だ。2000年にわたり、

紙はほかに代わるもののない媒体として、政策や思想、宗教、プロパガンダ、哲学を

伝播してきた。その時代のもっとも重要な文明のなかで生まれたアイデアを、国内は

もとより他の文化圏にも伝える役割を果たしたのだ。そして、この役割が紙の未来を

決定した。通貨(数千年のあいだは土や金属でできていた)が物品やサービスのやりとりを

可能にしたように、紙が、思想や宗教の活発な往来を促したのである」。

 

 中国の官僚制は紙なくしては成り立ち得なかった? 紙が宗教のあり方を一変させて

しまった? 宗教革命や近代市民革命に火をつけたのは紙だった?

 それはそうでしょうね、と結局のところ、本書が展開するのは、紙がふと立ち現れる場面の

断章としての、果てしなく薄味の世界史。既にごまんとあるだろう「歴史」の記述が優先され、

当の「物質の物語」はどこかに置き去りにされていく。

 主題として掲げる以上は本来ならばもっとフォーカスされて然るべき、例えば製紙法の

歩みなどの説明は腰が抜けるほどに簡潔。「木が紙の原料になるのは、その数世紀後の

ことである。木のパルプで作られた紙は1802年まで現れない」なんてとんでもなく重要と

思われるトピックが紹介されるのは、布きれをリサイクルすることで紙をまかなっていた

14世紀の話題のカッコ内。印刷技術とか、図書館とか、もっと微に入り細に入り展開して

欲しくなるような紙をめぐる話がいちいちぞんざいに通り過ぎていく。

 

 原著なのか、翻訳なのか、門外漢の私が見ても首を傾げてしまうようなことばの粗も

しばしば目につく。

 例えば1世紀の中国での出来事、「植物繊維の紙をつくろうと試みた」その素材の

ラインナップの中に、中南米原産のはずの「トウモロコシのさや」や「じゃがいも」といった

名が平然と並ぶ(p.83f.)。チャトランガからの派生形、と伝えたいところは分かるけれども、

8世紀頃の中国で既に「チェス」が嗜まれていたりもする(p.176)。

 

 つまらない本ではない、だって世界史を切り抜いているんだから。

 とはいえ、そこに何か新たな視座や情報が加わっているでもなく、ことごとくがさらさらと

駆け抜けていく。「メディアの物語」それ自体が展開されていないのだから、評価となれば、

はなはだ首を傾げざるを得ない。

スポンサーサイト

  • 2019.08.18 Sunday
  • 20:50
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック